犬はレモンを食べても大丈夫?犬にレモンは与えてもいいの?

犬はレモンを食べても大丈夫?犬にレモンは与えてもいいの?

ワンコのモノ・コト

ビタミンCの“代名詞的存在”のレモンは、主に酸味や香りを楽しめる柑橘の一種です。ビタミンCが豊富で非常に酸っぱい果物として有名です。さわやかな香りが気持ちもリフレッシュさせてくれ、大好きな方も多いのではないでしょうか。そんな美味しくて人気のレモンは、愛犬にも食べさせて大丈夫なのでしょうか?

ANSWER レモンは犬に食べさせてはいけない果物です

基本的に「レモン」は犬に食べさせてはいけない果物です。レモンは強烈な酸っぱさとツンとする香りが特徴ですが、犬にはレモンのこの刺激は強すぎます。またレモンは犬が少し食べただけでも、胃の不調を引き起こす可能性があります。刺激が強い食べ物なので胃で消化する際に、負担をかけてしまいますので、与えないように気をつけましょう。

このページではそんなレモンについて、愛犬のために一緒に勉強していきましょう。

レモンの主な栄養素・成分

ビタミンC

粘膜の強化、体内組織の修復、ストレスの軽減、免疫力のアップ、コラーゲン生成の補助など多くの機能や効果があります。ただし大量に摂取することで軟便や下痢の原因になることがあるので、注意しましょう。

クエン酸

クエン酸は体内に入ってきた糖分をエネルギーに代えて、カルシウムやミネラルを吸収しやすくする働きをもつ栄養素です。レモンにはクエン酸やエッセンシャルオイルが多く含まれています。犬が少量のクエン酸摂取は問題ないですが、多く摂取すると犬の体に悪影響があります。

レモンを犬が食べた際の犬への効果・影響

  • 嘔吐や下痢
  • 皮膚や粘膜の炎症 など

レモンを犬に食べさせる際の注意点!

刺激の強すぎるレモンは犬に絶対に与えないでください!

レモンの果実部分は犬に中毒を起こすような毒性はありません。しかし酸味が強く、刺激も強すぎます。食べた場合、酸っぱすぎて嘔吐や下痢をするなど消化器に問題を生じる可能性があるのです。
また、レモンの皮に含まれる「ソラニン」「精油」は光毒性があり、触れると皮膚や粘膜に炎症を生じる恐れもあります。

レモンを食べさせたい場合は、市販のレモン入りドッグフードやおやつを与えましょう。レモンを丸ごと飲み込むと窒息などの恐れがあるので、犬の届かない場所に保管しましょう。

Adviser

伊藤 悦子さん

麻布大学獣医学部環境畜産学科(現・動物応用科学科)出身。ペット栄養管理士・家畜人工授精師(牛)資格所持。動物医療発明研究会会員。NPO法人「NEWSつくば」記者。犬は5匹、猫は6匹の他にモルモットやセキセイインコ、文鳥たちと暮らしてきました。現在は17歳になる茶トラの猫「りんごちゃん」がいます。人とペットの幸せを願って執筆しています。

この記事に関連するタグ

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコのモノ・コト
  4. 犬はレモンを食べても大丈夫?犬にレモンは与えてもいいの?