犬はプラム(すもも)を食べても大丈夫?犬にプラム(すもも)は与えてもいいの?

犬はプラム(すもも)を食べても大丈夫?犬にプラム(すもも)は与えてもいいの?

ワンコのモノ・コト

しっかりとした甘みと優しい酸味があり、ジューシーなプラム(すもも)は、大好きな方も多いのではないでしょうか。そんな美味しくて人気のプラム(すもも)は、愛犬にも食べさせて大丈夫なのでしょうか?

ANSWER プラム(すもも)は犬に食べさせてはいけない果物です

基本的に「プラム(すもも)」は犬に食べさせてはいけない果物です。マスカット(ぶどう)、ネギやチョコなどと同様に、犬に食べさせてはいけない危険な食べ物の一つです。

プラム(すもも)には犬の体に有害な成分「アミグダリンが含まれており、この成分自体に毒性はないのですが、犬が食べて消化した際に猛毒として知られる「青酸(シアン化水素)」が発生し、そのシアン化水素で犬が中毒を起こしてしまうため、絶対に与えてはいけません。

このページではそんなプラム(すもも)について、愛犬のために一緒に勉強していきましょう。

プラム(すもも)の主な栄養素・成分

アミグダリン

アミグダリンそのものには毒性はないものの、動物の体内に入ると、「シアン化水素」という物質が発生。シアン化水素によって犬が中毒を起こしてしまいます。

そのほか

カリウム、β-カロテン、ペクチンほか

プラム(すもも)を犬が食べた際の犬への効果・影響

  • 嘔吐
  • 下痢
  • ショック
  • 呼吸困難 など

プラム(すもも)を犬に食べさせる際の注意点!

プラムは絶対に与えないでください!

犬はプラムを食べられません。よく熟した実を、ごく少量なら食べて大きな害はありませんが、未成熟な果実にはアミグダリンと呼ばれる有害物質が含まれています。
アミグダリンは「シアン化合物」ともよばれ、青酸を含んでいるのです。犬が食べると中毒を起こす恐れがあります。
プラムの種や茎、葉にもアミグダリンは含まれています。種は特に誤飲の恐れがあり、大変危険です。喉や消化管に詰まると命に関わる可能性もあるのでプラムは与えないようにしましょう。

Adviser

伊藤 悦子さん

麻布大学獣医学部環境畜産学科(現・動物応用科学科)出身。ペット栄養管理士・家畜人工授精師(牛)資格所持。動物医療発明研究会会員。NPO法人「NEWSつくば」記者。犬は5匹、猫は6匹の他にモルモットやセキセイインコ、文鳥たちと暮らしてきました。現在は17歳になる茶トラの猫「りんごちゃん」がいます。人とペットの幸せを願って執筆しています。

この記事に関連するタグ

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコのモノ・コト
  4. 犬はプラム(すもも)を食べても大丈夫?犬にプラム(すもも)は与えてもいいの?