犬は洋梨(ラフランス)を食べても大丈夫?犬に洋梨(ラフランス)は与えてもいいの?

犬は洋梨(ラフランス)を食べても大丈夫?犬に洋梨(ラフランス)は与えてもいいの?

ワンコのモノ・コト

甘くてみずみずしく喉越しも爽やかなラ・フランスなどの洋梨は、大好きな方も多いのではないでしょうか。そんな美味しくて人気の洋梨は、愛犬にも食べさせて大丈夫なのでしょうか?

Photo by @papico_chihuahua

ANSWER 洋梨は愛犬に食べさせても大丈夫な果物です

基本的に「洋梨」は愛犬に食べさせても大丈夫な果物です。洋梨には犬の健康に有益な栄養成分も含まれており、食べても問題はありません。
ただし、もちろん与えすぎは禁物です。洋梨はカリウムを多く含む果物です。 カリウムには利尿作用があるため、洋梨を食べた犬は普段よりおしっこの量が多くなる可能性があります。愛犬のサイズに合わせながら、愛犬とコミュニケーションを取りつつあげるのもよいでしょう。

このページではそんな洋梨について、愛犬のために一緒に勉強していきましょう。

洋梨(ラフランス)の主な栄養素・成分

Photo by @sara_ayako_i

アスパラギン酸

アミノ酸の一種で利尿作用があります。

ビタミンB1・B2

ビタミンB1は皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。ビタミンB2は皮膚と被毛の健康維持、質の向上を高めるために欠かせない栄養素のひとつです。

ペクチン

梨は水に溶ける食物繊維を含みます。この水溶性食物繊維は、腸内環境を改善させ、正常な腸の機能を保ちます。

ほか。

洋梨(ラフランス)を犬が食べた際の犬への効果・影響

  • 疲労回復
  • 水分補給
  • 整腸作用など

洋梨(ラフランス)を犬に食べさせる際の注意点!

Photo by @tomtom1486

柔らかくなってから皮や芯を除いた小さくカットして与えましょう

洋梨は、購入後追熟してやわらかくなってから、食べさせてあげましょう。与える際は、皮を剥いて芯を取り除いたものを、小さく食べやすい大きさにカットします。

持病のある犬は事前に獣医師に相談を

持病のある犬は、与える前に獣医師に相談してください。

子犬や老犬には潰して与えよう

子犬やシニア犬には、つぶしてから与えるといいでしょう。

種は与えないように注意を

種には、天然の有害物質「シアン化合物」が含まれているので、食べさせないようにしてください。

食べ過ぎには注意を

水分が多いため、食べ過ぎるとお腹を壊してしまいます。また糖度が高いので、肥満の原因にもなるので気を付けてください。

Photo by @kinoko__0304

Adviser

伊藤 悦子さん

麻布大学獣医学部環境畜産学科(現・動物応用科学科)出身。ペット栄養管理士・家畜人工授精師(牛)資格所持。動物医療発明研究会会員。NPO法人「NEWSつくば」記者。犬は5匹、猫は6匹の他にモルモットやセキセイインコ、文鳥たちと暮らしてきました。現在は17歳になる茶トラの猫「りんごちゃん」がいます。人とペットの幸せを願って執筆しています。

この記事に関連するタグ

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコのモノ・コト
  4. 犬は洋梨(ラフランス)を食べても大丈夫?犬に洋梨(ラフランス)は与えてもいいの?