犬はさくらんぼを食べても大丈夫?犬にさくらんぼは与えてもいいの?

犬はさくらんぼを食べても大丈夫?犬にさくらんぼは与えてもいいの?

ワンコのモノ・コト

果物の中でも真っ赤で色鮮やかな、甘くて美味しいさくらんぼは、大好きな方も多いのではないでしょうか。そんな美味しくて人気のさくらんぼは、愛犬にも食べさせて大丈夫なのでしょうか?

ANSWER さくらんぼは愛犬に食べさせても大丈夫な果物です

基本的に「さくらんぼ」は愛犬に食べさせても大丈夫な果物です。ただし、さくらんぼの種や茎は「アミグダリン」という、消化器内で青酸カリと同様の成分に変換される成分が含まれているため犬には絶対に与えてないように気をつけましょう。

さくらんぼに限らずですが、もちろん与えすぎは禁物です。愛犬のサイズに合わせながら、愛犬とコミュニケーションを取りつつあげるのもよいでしょう。

このページではそんなさくらんぼについて、愛犬のために一緒に勉強していきましょう。

さくらんぼの主な栄養素・成分

カリウム

体内の水分調整を行い、ナトリウム(塩分)を体外に排出する働きがある成分。血圧を下げる効果や、腎臓病の予防効果が期待できます。

β-カロテン

βカロテンは、犬の体内でビタミンAに変換されて活用されます。ビタミンAは、おもに視力、皮膚、被毛を健康な状態に保つほか、丈夫な粘膜や歯をつくるのに役立ちます。

アントシアニン

アントシアニンは、犬の体内で抗酸化力を発揮し、健康をサポートしてくれます。

さくらんぼを犬が食べた際の犬への効果・影響

  • 抗酸化作用
  • 疲労回復
  • 利尿作用 など

さくらんぼを犬に食べさせる際の注意点!

食べていいのは果肉のみ

さくらんぼは、種や茎など取り除いた果肉部分だけを食べさせてください。持病のある犬は、与える前に獣医師に相談しましょう。

与えすぎは注意!

食べ過ぎは下痢など体調不良の原因になります。また、糖分も多く肥満の原因になるので与えすぎには注意してください。

種や茎は絶対に与えないで!

種や茎、葉、花には青酸を含む有害物質アミクダリンなど「シアン化合物」が含まれています。食べると中毒を起こす恐れがあります。

丸呑みは厳禁!

丸ごと食べると、喉に詰まったり腸閉塞を起こしたりする恐れもあり危険です。丸呑みした場合は動物病院を受診してください。

Adviser

伊藤 悦子さん

麻布大学獣医学部環境畜産学科(現・動物応用科学科)出身。ペット栄養管理士・家畜人工授精師(牛)資格所持。動物医療発明研究会会員。NPO法人「NEWSつくば」記者。犬は5匹、猫は6匹の他にモルモットやセキセイインコ、文鳥たちと暮らしてきました。現在は17歳になる茶トラの猫「りんごちゃん」がいます。人とペットの幸せを願って執筆しています。

この記事に関連するタグ

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコのモノ・コト
  4. 犬はさくらんぼを食べても大丈夫?犬にさくらんぼは与えてもいいの?