犬はゆず(柚子)を食べても大丈夫?犬にゆず(柚子)は与えてもいいの?

犬はゆず(柚子)を食べても大丈夫?犬にゆず(柚子)は与えてもいいの?

ワンコのモノ・コト

ゆず(柚子)はミカン科ミカン属に分類される柑橘類の一種です。みかんやレモン、スダチ、カボスなどの仲間で、独特の爽やかな香りと酸味が特徴の果物です。皮が厚く硬いので、みかんのように実をそのまま食べることはなく、料理のアクセントや香り付けとしれ果汁や皮を使うことができ、日本料理の他フランス料理などでも注目されている食材です。

ゆず(柚子)の主な産地は高知県や徳島県、静岡県となっています。柑橘類の中では比較的寒さに強い果実です。実はゆず(柚子)には二つあり、。7~8月頃に出回るのが、未熟の状態で収穫された「青ユズ」。一方、私たちが一般的にイメージする黄色いゆず(柚子)は、熟してから収穫された「黄ユズ」です。黄ユズは11月頃に多く出回るそうです。

さわやかな香りが気持ちもリフレッシュさせてく、薬味などとしても食べられるゆず(柚子)は、大好きな方も多いのではないでしょうか?そんな美味しくて人気のゆずは、愛犬にも食べさせて大丈夫なのょうか?

ANSWER ゆずは犬に食べさせてはいけない果物です

基本的に「ゆず(柚子)」は犬に食べさせてはいけない果物です。
ゆず(柚子)には「クエン酸・エッセンシャルオイル」「ソラレン」といった犬の不調を引き起こす成分が含まれているため、与えないようにしましょう。

犬がクエン酸やエッセンシャルオイルを摂取すると、少量であれば軽度な胃の不調を起こす程度ですが、大量摂取した場合は、中枢神経系の抑制や炎症等が発生する恐れがあります。
また、レモンなどにも含まれるソラレンは、ゆずの外皮に多く含まれる光毒性のある成分です。犬がソラレンを大量に摂取すると、下痢や嘔吐などのほか、重篤になると脱水症状を起こし、命の危険を伴うことがあります。またソラレンは摂取をしなくても、触れただけで、皮膚の炎症を発症させる可能性がありますので、食べさせるだけでなく柚子風呂などに愛犬をいれるのもやめましょう。
また、ゆず胡椒等、ゆずの加工食品も犬には刺激が強すぎるため絶対に与えないでください。

このページではそんなゆず(柚子)について、愛犬のために一緒に勉強していきましょう。

ゆずの主な栄養素・成分

クエン酸

クエン酸は体内に入ってきた糖分をエネルギーに代えて、カルシウムやミネラルを吸収しやすくする働きをもつ栄養素です。ゆずにはクエン酸やエッセンシャルオイルが多く含まれています。犬が少量のクエン酸摂取は問題ないですが、多く摂取すると犬の体に悪影響があります。

ソラレン

ゆずの外皮に多く含まれる光毒性のある成分。ソラレンは摂取をしなくても、触れただけで、皮膚の炎症を発症させる可能性があります。

カリウム

体内の水分調整を行い、ナトリウム(塩分)を体外に排出する働きがある成分。血圧を下げる効果や、腎臓病の予防効果が期待できます。

そのほか

β-クリプトキサンチン、β-カロテン、ビタミンCなど

ゆずを犬が食べた際の犬への効果・影響

  • 嘔吐や下痢
  • 皮膚炎 など

ゆずを犬に食べさせる際の注意点!

クエン酸で中毒を起こす可能性も

ゆずに含まれるクエン酸と精油によって中毒を起こすおそれがあります。
万が一大量に食べると、嘔吐や下痢を生じる可能性があります。少量でも体調不良になるかもしれません。また、実が小さいので、犬が好奇心から丸ごと食べないように注意してください。

ゆずの皮は絶対に与えないでください。

ゆずの皮には皮膚に炎症を起こしやすい「ソラニン」が多く含まれているので注意が必要です。
ソラニンは触れただけでも、炎症を生じる可能性があります。実を口に入れると喉に詰まる恐れもあるので、犬の届かないところに保管してください。

Adviser

伊藤 悦子さん

麻布大学獣医学部環境畜産学科(現・動物応用科学科)出身。ペット栄養管理士・家畜人工授精師(牛)資格所持。動物医療発明研究会会員。NPO法人「NEWSつくば」記者。犬は5匹、猫は6匹の他にモルモットやセキセイインコ、文鳥たちと暮らしてきました。現在は17歳になる茶トラの猫「りんごちゃん」がいます。人とペットの幸せを願って執筆しています。

この記事に関連するタグ

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコのモノ・コト
  4. 犬はゆず(柚子)を食べても大丈夫?犬にゆず(柚子)は与えてもいいの?