犬はグレープフルーツを食べても大丈夫?犬にグレープフルーツは与えてもいいの?

犬はグレープフルーツを食べても大丈夫?犬にグレープフルーツは与えてもいいの?

ワンコのモノ・コト

柑橘系の香りが気持ちもリフレッシュさせてくれ、爽やかな酸味は美味しいグレープフルーツは、大好きな方も多いのではないでしょうか。そんな美味しくて人気のグレープフルーツは、愛犬にも食べさせて大丈夫なのでしょうか?

ANSWER グレープフルーツは与え方さえ注意すれば食べても問題ありません

基本的に「グレープフルーツ」は与え方さえ注意すれば食べても問題ありません。グレープフルーツの皮は、消化不良や中毒など犬の健康によくない影響を与える危険性がありますので、与えないように気をつけましょう。また、いくつかの薬剤との飲み合わせが悪い果物ですので、投薬中や通院中の犬の場合は必ず獣医師の判断を仰いでください。

グレープフルーツに限らずですが、もちろん与えすぎは禁物です。愛犬のサイズに合わせながら、愛犬とコミュニケーションを取りつつあげるのもよいでしょう。

このページではそんなグレープフルーツについて、愛犬のために一緒に勉強していきましょう。

グレープフルーツの主な栄養素・成分

カリウム

体内の水分調整を行い、ナトリウム(塩分)を体外に排出する働きがある成分。血圧を下げる効果や、腎臓病の予防効果が期待できます。

ビタミンC

ビタミンCは疲労回復効果や肌の健康を維持する効果だけではなく、抗酸化作用、抗ストレス効果、免疫力アップなどの効果もあると言われています。皮膚疾患に悩んでいる愛犬や、老犬に補ってあげると良い栄養素です。

クエン酸

クエン酸は体内に入ってきた糖分をエネルギーに代えて、カルシウムやミネラルを吸収しやすくする働きをもつ栄養素です。

グレープフルーツを犬が食べた際の犬への効果・影響

  • 抗酸化作用
  • 疲労回復
  • 血行促進 など

グレープフルーツを犬に食べさせる際の注意点!

果肉のみにして少量を与えましょう

グレープフルーツの果肉のみ、食べても大丈夫です。食べさせるときは、外皮や薄皮、白い筋や種などを取り除き、ほんの少量だけ与えましょう。酸味が強いため、食べすぎると嘔吐や下痢などを引き起こし、消化器系に悪影響を及ぼす可能性があります。

病気治療中の愛犬には与えないでください。

果肉に含まれる「フラノクマリン」は、特定の薬の成分分解を遅らせる作用がある成分です。病気治療中や投薬中の犬には与えないようにしましょう。

外皮は絶対に与えないでください。

グレープフルーツの外皮は与えないでください。皮に含まれる「ソラレン」によって、炎症や中毒を起こす恐れがあります。

Adviser

伊藤 悦子さん

麻布大学獣医学部環境畜産学科(現・動物応用科学科)出身。ペット栄養管理士・家畜人工授精師(牛)資格所持。動物医療発明研究会会員。NPO法人「NEWSつくば」記者。犬は5匹、猫は6匹の他にモルモットやセキセイインコ、文鳥たちと暮らしてきました。現在は17歳になる茶トラの猫「りんごちゃん」がいます。人とペットの幸せを願って執筆しています。

この記事に関連するタグ

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコのモノ・コト
  4. 犬はグレープフルーツを食べても大丈夫?犬にグレープフルーツは与えてもいいの?