【ダックスフンドの性格・寿命・特徴】ダックスフンド図鑑

【ダックスフンドの性格・寿命・特徴】ダックスフンド図鑑

ワンココミュニケーション

ダックスフンドの基本データ

原産国 ドイツ
サイズ 小型犬~中型犬
犬種グループ ダックスフンド(地面の穴に住むアナグマや兎用の猟犬4G)
飼いやすさ・しつけのしやすさ 初級~中級
運動量 中程度
トリミング 不要
ブラッシング 2〜3日に1回程度
お散歩 1日2回×30分〜1時間程度
飼育費用 月1.5〜2万(医療費別途)
かかりやすい病気・怪我 椎間板ヘルニア、外耳炎、クッシング症候群、進行性網膜萎縮

ダックスフンドの性格と特徴

ダックスフンドの原産国はドイツで、ドイツ語でアナグマを意味する「ダックス」と、犬を意味する「フンド」に由来すると言われています。中世の頃からヨーロッパでは地下の狭い巣穴に住むアナグマなどの狩猟が行われていましたが、その狩猟対象の大きさに合わせて、ダックスフンドの体型と大きさも徐々に改良されていきました。19世紀になり「ミニチュア・ダックスフンド」が誕生するとその可愛らしさからペットとしても愛されるようになりましたが、現在でも狩猟犬として人気があり、世界中で活躍しています。 性格は、好奇心旺盛で、人には友好的で忠実です。サイズは「スタンダード」「ミニチュア」「カニーンヘン」の3種類。さらに、被毛タイプが、3種類あり、それぞれ別々の他犬種との交配が行われたため、違いや特徴があります。ロングヘアードは比較的温和な性格、スムースヘアードは活発、ワイヤーヘアードはちょっぴり気が強いと言われています。小さくてもスタミナがあるので、たくさん運動させてあげる必要があります。

ダックスフンドの被毛と種類

「スムースヘアード」「ロングヘアード」「ワイアーヘアード」の3種のタイプがあります。毛色は、スムースヘアードとロングヘアードは共通で、ワイヤーヘアードのみ「マルチカラー」のバリエーションがあります。ただし、どのタイプも、珍しい毛色が希少とされがちですが、ダックスフンドは遺伝性疾患が発生しやすく、認められない毛色も多数あるため、信頼できるブリーダーに相談することが大切です。

スムースヘアード

滑らかで光沢のある短毛です。

単色 レッド
2色 濃いブラックまたはブラウンに、目の上、マズル及び唇の側面、耳の内縁、前胸、脚の内側及び後ろ側、足、肛門回りとそこから尾の下側3分の1もしくは半分に「タン(褐色)マーキング」が入っている「ブラック&タン」「ブラウン(チョコレート)&タン」。
ダップル
(マール)
黒やグレーの斑が不規則に入る大理石のような模様。
地色は「濃いブラック」または「ブラウン」。
「ブリンドル」 ベースのカラーよりも濃い縞が入る。地色はレッド。

ロングヘアード

長くて細く、緩やかなウェーブがかかっていて、耳に生えた長い飾り毛も特徴的です。

単色 レッド
2色 濃いブラックまたはブラウンに、目の上、マズル及び唇の側面、耳の内縁、前胸、脚の内側及び後ろ側、足、肛門回りとそこから尾の下側3分の1もしくは半分に「タン(褐色)マーキング」が入っている「ブラック&タン」「ブラウン(チョコレート)&タン」。
ダップル
(マール)
黒やグレーの斑が不規則に入る大理石のような模様。
地色は「濃いブラック」または「ブラウン」。
ブリンドル ベースのカラーよりも濃い縞が入る。地色はレッド。

ワイヤーヘアード

短くてゴワゴワとした毛質で、立派な眉毛とあごひげをたくわえ、凛々しい印象があります。

単色 レッド
マルチカラー 「ワイルドボア」イノシシ色 「ブラウン・ワイルド・ボア」、「ブラック・アンド・タン」、「ブラウン・アンド・タン」
ダップル
(マール)
黒やグレーの斑が不規則に入る大理石のような模様。
地色は「ワイルド・ボア」、「ブラック」または「ブラウン」。
ブリンドル ベースのカラーよりも濃い縞が入る。地色はレッド。

ダックスフンドの大きさと体高・体重

胴長短足で筋肉質、口先はやや長めで、耳が垂れています。ダックスフンドのサイズは、体高よりも胸囲が重要視されており、生後15カ月を経過した時点で胸囲を計測して決定します。このとき、胸囲30~35cmの場合に「ミニチュア」に、これより小さい場合は「カニーンヘン」、大きい場合は「スタンダード」に分類されます。

ダックスフンドの種類 ダックスフンドの体重 ダックスフンドの体高
スタンダード 6.5〜11.5kg 24~27cm
ミニチュア 4〜5kg 21~24cm
カニーンヘン 3.5kg未満 18~21cm

ダックスフンドの平均寿命と人間年齢

ダックスフンドの平均寿命は13~16歳と言われています。
ダックスフンド人間に換算した場合の年齢は下記の表をご参照ください。

犬の年齢 人間に換算した年齢 成長ステージ
3か月 4歳 子犬
6か月 7歳半
9か月 11歳
1歳 17歳
1歳半 19歳半
2歳 23歳 成犬
3歳 28歳
4歳 32歳
5歳 36歳
6歳 40歳 シニア犬
7歳 44歳
8歳 48歳
9歳 52歳
10歳 56歳
11歳 60歳
12歳 64歳
13歳 68歳
14歳 72歳 高齢犬
15歳 76歳
16歳 80歳
17歳 84歳
18歳 88歳
19歳 92歳
20歳 96歳

ダックスフンドの飼い方のコツ・注意点

ダックスフンドの飼い方のコツ 1 ヘルニアを発症しないよう肥満に注意しましょう!

ダックスフンドは胴長短足な体型のため、肥満になると関節や腰への負担がかかり、椎間板へルニアになりやすくなってしまいます。室内でも、階段の上り下り、高いところからの飛び降り、ジャンプなどに気を付け、床を滑りにくい素材にするなど、生活環境を整え配慮することが大切です。適度な運動を取り入れ筋力を鍛え、運動と食事のバランスをとって、適正体重を保つようにしましょう。

ダックスフンドの飼い方のコツ 2 小さいけれど元気で、活動的で、スタミナもあります

ダックスフンドは、とても明るく、活動的で、体を動かすことが大好きです。毎日外に出て、運動しましょう。遊ぶのも大好きですので、散歩の他、ドッグランなどで遊ばせたり、ロープなどのおもちゃを使った引っ張りっこなども大好きです。また、その特性上、穴を掘ることが大好きなので、穴掘りの要素を取り入れた遊びも考えてあげるとよいでしょう。

ダックスフンドの飼い方のコツ 3 社会化トレーニングをしっかり行いましょう

ダックスフンドは、狩猟犬として活躍しいていた犬種のため、吠えて知らせる特性から、音などに反応して吠えやすい性質があります。また、警戒心が強い面もありますので、子犬の頃から、他の人や犬、音などに慣れさせ、いつでも落ち着いていられるように社会化トレーニングをしっかり行いましょう。また、噛んでよいものといけないものも、繰り返し教えていくことも大切です。友好的で、忠誠心は強いので、上手に信頼関係を築いていきましょう。

ダックスフンドの飼い方のコツ 4 ブラッシングは定期的に行いましょう

ダックスフンドは、ダブルコートのため、抜け毛はやや多めのため、定期的なブラッシングが必要です。抜け毛の量は、被毛タイプによって、ロング>ワイヤー>スムースの順に多くなります。スムースヘアードでも、定期的にブラッシングして、換毛期は特に念入りにお手入れしましょう。

ダックスフンドの飼い方のコツ 5 日頃の健康チェックは欠かさずに

ダックスフンドは、足が短く、胴と地面の距離が近いため、地面の照り返しの影響を大きく受けてしまいます。特に、夏場のお散歩は、気温や時間帯に配慮し、熱中症にならないよう充分注意しましょう。また、日頃から、被毛のお手入れの他に、皮膚や耳などのチェックを行い、スキンシップを兼ねた健康チェックを行うとよいでしょう。

ダックスフンドの飼い方のコツ 6 ダックスフンドのダップル(マール)の毛色について 

ダップルは、「マール遺伝子」によって、大理石のような班模様がはいる柄のことをいいます。メラニン細胞が正しく分布しないよう働きかける遺伝子で、これが毛色に影響しますが、メラニン細胞が正しく分布しない可能性は、毛色以外の遺伝子にも及ぶため、たとえば、それが耳の場合は難聴を、目の場合は視力の低下や失明、また、他にも心臓疾患や、内臓疾患などを引き起こす確率が高く、寿命も短いという傾向があることを知っておいてください。

DOG GUIDES犬と家族になる前に読む
犬種別ガイド

この記事に関連するタグ

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンココミュニケーション
  4. 【ダックスフンドの性格・寿命・特徴】ダックスフンド図鑑