老犬が薬を飲まない、薬を吐き出してしまう時の対策や負担がない薬の飲ませ方

老犬が薬を飲まない、薬を吐き出してしまう時の対策や負担がない薬の飲ませ方

ワンコの健康

ワンコも老犬になると、若い時以上に薬を飲ませる機会が増えてきます。ワンコの健康にとって大切な薬ですが、飲んでくれない子や上手に吐き出してしまう子も多く、困っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。この記事では、薬がキライ・飲んでくれないワンコに負担なく薬を飲ませる方法を、薬のタイプ別に解説します。

老犬が薬を飲まない・吐き出してしまう時の錠剤・カプセル の上手な飲ませ方

口の中に入れてそのまま飲ませる

固形物が飲みこめる子の場合は、まずはこの方法で飲ませてみましょう。

01.片手で薬を持ち、もう片方の手でワンコの口を開きます。

02.舌の上に薬をのせます。手前にのせると、舌を使って吐き出してしまうので、なるべく奥の方に載せてください。

03.手で軽く口を押さえて閉じさせます。

04.顔をやや上向きにし、飲み込んだらOKです。

好きな食べ物に混ぜる

ワンコの好きな食べ物を使って、薬を包んだり埋め込んだりして飲ませます。この方法が最も簡単で、ワンコにも飼い主さんにも負担が少ないでしょう。口の中で薬だけを上手に分けて吐き出してしまうワンコもいるので、飲み込めるように一口サイズで与えましょう。数回に分けて飲ませる場合には、薬の入っていない食べものと交互にあげると、警戒心がなく食べてくれます。

粉末にして食べものに混ぜ込む

固形物が飲み込めなくなっている老犬さんや、絶対に薬を飲み込まない頑固なワンコの場合は、砕いて粉末にする方法がおすすめです。
薬をシートに入れたまま、金槌などで叩いて砕いてください。ピルクラッシャー(錠剤を砕いて粉にするための道具・薬局や通販で購入できます)を使えば、より簡単に砕けます。
粉末にした薬は、粉薬の上手な飲ませ方と同じように与えてください。カプセルの場合も中身を取り出し、入っている粉の薬剤を同様に飲ませましょう。

注意
薬によっては、砕いてはいけないものがあります。錠剤を砕いて服用させる時は、必ず事前に獣医師に相談してから行ってください。

参考:Opret ピルクラッシャー お薬クラッシャー

出典:Amazon

老犬が薬を飲まない・吐き出してしまう時の粉薬の上手な飲ませ方

食べものに混ぜる

ウエットフードや流動食に混ぜ込んだり、チーズなどのやわらかい食べものに挟んで飲ませます。気をつけてほしいのは、食事全体へ一気に混ぜ込まないことです。
食事を完食しないと薬をすべて飲めないため、十分な薬の効果を得られなくなる可能性があります。また、薬をいれることでニオイが変わり、ワンコによっては一口も食べてくれないなんてことも……。
薬に混ぜる分だけ別に取り分け、飲ませるようにしてくださいね。

出典:グローバルペットニュートリション

水で溶いて塗りつける

ごく少量の水で溶いて指ですくえる程度の硬さにした薬を、上あごや舌の裏側に塗りつけます。

シリンジやスポイトを使う

粉薬だけでなく、液体の薬もこの方法で飲ませます。粉薬や粉末にした錠剤は水で溶いて液体に、液体の薬はそのまま、スポイトやシリンジに入れます。ワンコの口もとをやや上にむかせて、犬歯の後ろの隙間から少しずつ注入して飲ませましょう。流動食に薬を溶かした場合も、同じようにシリンジやスポイトを使って飲ませてください。

参考:【miyabi】老犬・老猫用 給水シリンジ

出典:Amazon

愛犬に上手に目薬をさすには目薬の上手なさし方

目薬が苦手なワンコも多いですよね。目薬をさす時は、あごを軽く持ち上げ、なるべくワンコの見えない後側からさしてあげてください。高い位置から垂らすのではなく、目に近い場所からそっと流し込むように垂らします。目薬をさすのは最初のうちは緊張してしまうかもしれませんが、あまり時間をかけず、リラックスしてさっと終わらせるのがポイントです。

老犬に上手に薬を飲ませるコツ大切なのは飼い主が緊張しないこと

ワンコに薬をあげる時に大切なのは、飼い主さんが緊張しすぎないことです。「なかなか飲んでくれないから」と気合を入れて準備したり、「絶対に飲ませなくちゃ」と緊張したりすると、ワンコは飼い主さんの様子がいつもと違うことに気がつきます。薬が苦手なワンコは警戒して、薬の準備ができる前に逃げ出してしまうかもしれません。できるだけ、いつもと変わらない態度で薬を飲ませてあげましょう。

老犬に上手に薬を飲ませるコツケアの時間は大切なハッピーシニアタイム

老犬になると、お手入れや投薬、オムツの交換や固まった関節のマッサージなど、体に触れてのケアも増えてきます。ケアが苦手なワンコもいます。体に触られる=イヤなことをされると覚えてしまわないように、普段から体に触られることに慣れさせておきましょう。ケアの時間は大切なスキンシップの時間。ハッピーシニアライフを楽しみましょう。

nowa writer

村田 幸音 Sachine Murata

ワンコとニャンコ、ハムスターに金魚や鳥たち、ウサギと亀の大家族と育ったフリーライター。現在は、超絶マイペースな柴犬との暮らしを満喫中です。ワンコ愛が高じて、ペット災害危機管理士と犬の管理栄養士の資格を取得。ワンコも飼い主さんも、みんながHAPPYになる情報をお伝えしていきます!

村田 幸音

この記事に関連するタグ

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコの健康
  4. 老犬が薬を飲まない、薬を吐き出してしまう時の対策や負担がない薬の飲ませ方