【エンゼルフォレスト那須白河(福島県)】愛犬と行けるワンコ家族のための一大リゾート施設!

【エンゼルフォレスト那須白河(福島県)】愛犬と行けるワンコ家族のための一大リゾート施設!

ワンココミュニケーション

福島県にある愛犬と一緒に泊まれるコテージリゾート「エンゼルフォレスト那須白河」とは?

福島県の南、栃木県寄りの標高約700mの高原に、愛犬と一緒に遊べて泊まれるリゾートがあるのをご存知ですか?一度行ったらファンになること間違いなし。広大な敷地内には、コテージ、ドッグラン、森や湖、レストラン、天然温泉やスパ、プール、サウナ、愛犬専用温泉、そしてキャンプ場・・・体験教室などたくさんのアクティビティもオールシーズン楽しめる、大自然に囲まれた複合リゾート施設です。今回はそんな「エンゼルフォレスト那須白河」の魅力をテンとの訪れた際の思い出と一緒にご紹介します!

エンゼルフォレスト那須白河の魅力1「多彩な施設」コテージにグランピング、愛犬と泊まれる多彩な宿泊施設や天然温泉「羽鳥湖温泉」、プールも人気!

「エンゼルフォレスト那須白河」では、新しい施設もどんどんオープンしていて、宿泊施設だけでも貸別荘コテージ、ログハウス、ドッグラン付きヴィラ、ドームコテージ、グランピングなどなど、いつ行っても飽きない場所です。

出典:エンゼルフォレスト那須白河

立派な天然温泉施設もあり、美肌の湯「羽鳥湖温泉」は内風呂とサウナ、広い庭園に露天風呂もあり、宿泊者は朝7時から入ることができます。大自然の朝風呂はまた格別ですね。温泉、プール、ドッグランなどの施設は日帰りでも利用可能です。

出典:エンゼルフォレスト那須白河

エンゼルフォレスト那須白河の魅力2「とにかくワンコフレンドリー」ほとんどの施設がワンコ同伴OK!
宿泊施設はもちろんワンコフレンドリー!

ほとんどの施設にワンコと一緒に行ける、とってもワンコフレンドリーな場所。ということで東京からは少し遠いけれど、テン家は毎年リピートしています。
お友達に教えてもらって初めて行ったのは、2019年の冬。1歳半のテンに思いっきり雪遊びをさせたくてコテージに宿泊をしました。

二階から下をのぞくテン。別荘タイプのお部屋に興味津々でした。レイクサイドのお庭付きコテージで、グリーンシーズンはお庭BBQもできるそう。夜、外に出たがったので出したら、保護色で見失いかけました(笑)

お部屋にはワンコ用の付属品ももちろんついており、おやつも用意されていました。

出典:エンゼルフォレスト那須白河

エンゼルフォレスト那須白河の魅力3「愛犬も喜ぶ食事」愛犬家さんに大人気のワンコ用ビュッフェも!

エンゼルフォレスト那須白河のレストラン「ラ・ピーナ」では、朝・昼・晩と全ての時間帯で愛犬と一緒にお食事が楽しめます。ライブキッチンでは目の前でシェフがステーキを焼き上げてくれたり、郷土料理などが和洋中約60種類のお料理が並ぶ充実のバイキングを楽しめます!現在は感染対策として、お部屋へのテイクアウトが可能な「お部屋deビュッフェ」スタイルも可能です。

この時の食事はレストランでビュッフェ。なんとワンコ用ビュッフェもあります♪このビュッフェをお目当てにリピートされる方も多いそうです。テンはトマトリゾットをいただきました♪

エンゼルフォレスト那須白河の魅力4「ドッグフリーサイトも人気!」合計約80のキャンプサイトは全てワンコOK!
ノーリードOKのドッグフリーサイトも4つ!

初めて来た時に施設内をお散歩していて、キャンプ場があるのを発見。次回はキャンプで来よう!ということになりました。キャンプサイトは合計約80サイトあり、全てのサイトでワンコOK。うち4サイトはドッグフリーサイトで、柵で囲まれているのでノーリードにできます。

テン家は競争率の高いドッグフリーサイトを予約でき、2回目は同じ年の夏に、お友だちのチョコちゃん家族と一緒に来ました。チョコちゃん家族はドッグフリーではない普通の(柵なしの)サイト。夜ご飯はテンのサイトで一緒に食べました。

エンゼルフォレスト那須白河の魅力5「楽しみ方もいろいろ!」カヌー、ドッグラン、撮影会、ワンコオフ会。
エンゼルフォレスト那須白河での楽しみ方いろいろ!

施設内の湖でカヌーに乗ったり、プロの写真撮影会に参加したり。カヌーではワンコ用のライフジャケットもレンタル可能です。撮影会は夏休みなど期間限定でたまに行っているようです。飛行犬や家族写真も撮っていただき、とてもいい記念になりました。

その後もゴールデンウィークや夏に来てキャンプをしています。登山メンバーのうめちゃんも偶然同じ時期に訪れていて、一緒にドッグランで遊んだりしました。ワンコ連れには人気のリゾートなので、偶然会えることもあったり、みんなで時期を合わせてお泊りしたり。日帰りでドッグランだけ利用、オフ会などされているのも見かけました。いろいろな楽しみ方がありますね。

また、この施設の看板犬・ジーナちゃんに会うこともできます。2017年生まれのグレートピレニーズの女の子。キャンプ場を朝散歩しているところを遠くからですが見ることができました。
ジーナちゃんは総合フロントにも時々いるようです。この総合フロントにもワンコと一緒に入ることができ、ワンコ用のおやつやグッズ、貸衣装なども用意があり、フォトスペースもあります。

エンゼルフォレスト那須白河の魅力6「周辺観光も」白河・小峰城、大内宿など、周辺観光も楽しめます。

周辺観光は、少し足を延ばせば白河・小峰城、大内宿などもあります。

また、東京へ戻る途中に日光東照宮へ寄ったことも。世界遺産をワンコと一緒に行けるなんて素敵ですよね。(2020年8月時点ではワンコも一緒に入れましたが、行かれる際は事前に調べて行かれることをお勧めします)

エンゼルフォレスト那須白河の魅力7「ここでしかできない体験」こんな環境でしかできない体験。
忘れられない愛犬との思い出も。

高原で涼しいので夏場でも快適に過ごせて、天気が良ければ夜には満天の星も。虫の声を聞き、焚火の炎を見ながら、テンを抱っこしてゆっくりお酒を飲むひととき。幸せです。テンも自然を感じながらお昼寝したり泳いだり!真っ暗な中の散歩など、普段ではあまり経験できないことを一緒に感じられるのも嬉しいです。

個人的な意見ですが、こういう経験を一緒に重ねることは、強い信頼関係を築くことにつながるのではないかと思っています。普段は仕事などでずっと一緒にいられないことも多い中、旅行やキャンプではずっと一緒、非日常を味わえて、テンにとって知らない土地で頼りにできるのは私たち家族のみ。

実はここで、テンが一時行方不明になったことがありました。夜のお散歩中、花火の音に驚いて慌てたテン。その時に首輪がすっぽ抜けてしまい、そのまま暗闇へ走り去ってしまったのです。パパはお風呂へ行っていて不在。この広大な施設、周りは真っ暗で先には湖や森…。どうしようと焦る中、冷静にテンならどうするか考え、一度自分たちのキャンプサイトに戻ってみようと。そうしたらそこにテンがいてくれたのです。抱きしめると体が濡れていて、真っ暗な中、沢を渡ってちゃんと戻ってきたということがわかりました。ケガもなく無事で本当に良かったですが、このような事が二度と起こらないよう、普段からも気を付けようと誓いました。そして勝手ですが、テンと通じ合えた気もしました。怖い思いをさせてしまって申し訳なかったけど、そんな特別な経験もしたからこそ、またここに来て原点に戻ろうと思う場所でもあります。

まだまだリピートしたいエンゼルフォレスト那須白河。ワンコファーストなリゾートなので、初めての愛犬との旅行にもお勧めです。テン家もまた来年、キャンプで訪れようと思っています。

福島県の愛犬と一緒に泊まれるコテージリゾートエンゼルフォレスト那須白河

営業時間
9:00~18:00
ホテルTEL
0248-85-2525
予約センターTEL
0570-012334

nowa friend's

飼い主ライター / ひろこ
愛犬 / 白柴のテン

飼い主ライターのひろこと申します。2017年8月に白柴の男の子、テンを迎えました。パパとテンと私の3人、東京で暮らしています。
ワンコと暮らすのがずっと夢で、真っ白なテンを見つけて一目惚れ。
ちょっとビビリなので大きなワンコは怖いけど、人もワンコも大好き、甘えん坊で穏やかな男の子です。テンのおかげでお友達も全国にできました。
近場のお出かけや旅行、山登りやキャンプなどのアウトドアもテンと楽しんでいます。飼い主目線でおすすめの場所やグッズ、楽しい!を届けられたらと思っています。

この記事に関連するタグ

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンココミュニケーション
  4. 【エンゼルフォレスト那須白河(福島県)】愛犬と行けるワンコ家族のための一大リゾート施設!