【ボーダーコリーの性格・寿命・色】ボーダーコリー図鑑

【ボーダーコリーの性格・寿命・色】ボーダーコリー図鑑

ワンココミュニケーション

ボーダーコリーの基本データ

原産国 イギリス
サイズ 中型犬
犬種グループ 牧羊犬・牧畜犬(家畜の群れを誘導・保護する犬1G)
飼いやすさ・しつけのしやすさ 中級~上級
運動量 多い
トリミング 不要
ブラッシング 2〜3日に1回程度
お散歩 1日2回×30分〜1時間程度
飼育費用 月1.5〜2万(医療費別途)
かかりやすい病気・怪我 股関節形成不全、コリー眼異常(CEA)、糖尿病

ボーダーコリーの性格と特徴

ボーダーコリーは、原産国はイギリスで、イングランドとスコットランドの国境(「ボーダー」)地域出身であることと、牧羊犬を意味する「コリー」がその名前の由来となっています。スカンジナビア半島から海賊によって持ち込まれたトナカイの牧羊犬が祖先と言われています。特にその作業能力と身体能力は高く評価され、牧羊犬として世界中で活躍するようになりました。姿勢を低くした態勢で、すり足で移動する「sneak(スニーク)=こっそり動く」という歩き方をしながら、目を使って、羊など動物の動きを変えたり止めたりするところは、他の牧羊犬にはない特徴で、現在ではドッグスポーツでもその能力を発揮しています。高い学習能力や理解力、自ら状況判断することもできるなど、非常に賢く、愛情深く、従順ですが、信頼関係をしっかり結ぶことが大切です。「ハイパーアクティブ(超活動的)」といわれるほど活動的なので、運動はたくさんする必要があります。

ボーダーコリーの被毛とボーダーコリーカットの種類

「ラフコート(長毛)」と、「スムースコート(短毛)」があります。毛質は、ストレートやウェーブなど。毛色は、「ホワイトと他の色の2色(バイカラ―)」が主流で、30種類以上が認められています。ホワイトが優勢であるものは好ましくないとされ、人気の「マール」は「マール因子」と呼ばれる遺伝子をもち、他の毛色に比べて遺伝的な疾患が発症するリスクが高いという説もあります。信頼できるブリーダーに相談しましょう。

ブラック系

「ブラック&ホワイト」お腹まわりから首にかけて白い毛が生えています。「ブラック&タン(茶褐色)&ホワイト」「ブラック」

ブルーマール系

「ブルーマール」薄いねずみ色をベースに、濃い斑点が散りばめられた大理石のような模様。「ブルーマール&タン」「ブルーマール&ホワイト」

チョコレート系

「チョコレート&ホワイト」明るいブラウン系の色合い。「チョコレートマール」「チョコレート」

「イザベラ(ライラック&ホワイト)」チョコレート色でさらに薄く明るい

レッド系

「レッド」明るめのレッド 「レッド&ホワイト」「レッドホワイト&タン」

「トライカラー」ブラックとホワイトとレッドの3色が混じっている。頬・眉毛・耳、足の付け根部分などにタンの色合いが出る。

ボーダーコリーの大きさと体高・体重

体高よりも体長のほうがやや長く、均整のとれたスマートな体形です。尾は垂れ、先端部だけが少し上向いているのが特徴で、耳は、立ち耳、半立ち耳、垂れ耳まで様々です。

ボーダーコリーの体重 ボーダーコリーの体高
約14~22kg 約53cm

ボーダーコリーの平均寿命と人間年齢

ボーダーコリーの平均寿命は10~17歳と言われています。
ボーダーコリー人間に換算した場合の年齢は下記の表をご参照ください。

犬の年齢 人間に換算した年齢 成長ステージ
3か月 4歳 子犬
6か月 7歳半
9か月 11歳
1歳 15歳
1歳半 19歳半
2歳 23歳 成犬
3歳 28歳
4歳 32歳
5歳 36歳
6歳 40歳 シニア犬
7歳 44歳
8歳 48歳
9歳 52歳
10歳 56歳
11歳 60歳
12歳 64歳
13歳 68歳
14歳 72歳 高齢犬
15歳 76歳
16歳 80歳
17歳 84歳
18歳 88歳
19歳 92歳
20歳 96歳

ボーダーコリーの飼い方のコツ・注意点

ボーダーコリーの飼い方のコツ 1 ボーダー・コリーは、最も知能指数が高い?

ボーダー・コリーは、数ある犬種の中でも最も賢いと言われ、また、牧羊犬としての資質も特に優れているため、その賢さや特性が裏目に出ないようにしていくことが、ボーダー・コリーと暮らす上でのポイントで、それがまた魅力であり、醍醐味であるとも言えます。特性をよく理解し、メリハリをつけ、子犬の頃から信頼関係をしっかりと築いていくことで、素晴らしい最高のパートナーとなってくれるでしょう。

ボーダーコリーの飼い方のコツ 2 運動はたっぷりと 頭脳もつかって

ボーダー・コリーは、大変エネルギッシュで、持久力があり、多くの運動量が必要とされます。毎日1時間程度の散歩の他、ドッグランで遊ばせたり、思い切り走らせたり、メリハリのある運動も行いましょう。特に動いているものを追いかけることに長けているため、ボール遊びやフリスビーはぴったりです。また、作業意欲が高いため、頭を使う高度なトレーニングを行ったり、コミュニケーションを取りながら行うドッグスポーツ「フライングディスク」、「フライボール」「アジリティ」などの競技、ドッグダンスなど、一緒に行うことで、お互いの絆をより一層深めることができます。

ボーダーコリーの飼い方のコツ 3 いろいろなトレーニングを行いましょう

ボーダーコリーは、指示に従って行動することを大変得意とするため、子犬の頃から様々なトレーニングをするとよいでしょう。特に、動くものを追う性質は、お散歩などの際に、他の犬や、走っている自動車や自転車などに、反射的に反応してしまうようなことがあってはいけません。事故を防ぐためにも、「マテ」や呼び戻しなどは徹底的に、しっかりとトレーニングしておくことが大切です。吠え、飛びつき、噛み癖などは、大きな事故につながることがあります。徹底してトレーニングしましょう。そういった観点からも、様々なトレーニングやドッグスポーツを行うことは、知的好奇心を満たし、ボーダーコリーがストレスなく日常生活を送る上でも、とても有効です。

ボーダーコリーの飼い方のコツ 4 過ごしやすい生活環境を作りましょう

ボーダーコリーは、被毛が豊富で暑さが苦手です。夏場は、お散歩の時間帯に配慮するほか、室内でも熱中症にならないよう、過ごしやすい環境を作ってあげましょう。また、非常に賢く、自分で考えて様々な行動をとることもあるため、お留守番時も含め、生活スペースや環境づくりには配慮して、工夫することが必要です。

ボーダーコリーの飼い方のコツ 5 お手入れはコミュニケーション

ボーダーコリーは、トリミングの必要はありません。抜け毛は非常に多い傾向にあるため、ブラッシングは定期的に行いましょう。特に換毛期は、抜け毛が多くなり、抜けた毛が絡まり毛玉ができると、蒸れたり、皮膚病の原因にもなります。掃除機や、お手入れグッズを上手に使って、抜け毛対策をしましょう。お手入れも、スキンシップを兼ねた、良いコミュニケーションになり、信頼関係も深まるでしょう。

DOG GUIDES犬と家族になる前に読む
犬種別ガイド

この記事に関連するタグ

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンココミュニケーション
  4. 【ボーダーコリーの性格・寿命・色】ボーダーコリー図鑑