ボーダーコリーはどんな犬種?上手な飼い方・遊び方・しつけ方について学ぼう

ボーダーコリーはどんな犬種?上手な飼い方・遊び方・しつけ方について学ぼう

ワンココミュニケーション

スマートで凛々しいスタイルと高い運動能力、全犬種の中でトップクラスといわれる知能を備えるボーダーコリーは、ドッグスポーツ界で大活躍です。では、日常生活のパートナーとしては、どのような特徴を持っているのでしょうか。さっそく聞いていきましょう。

01ボーダーコリーの性格と相性の良い家族

基本的な性格としては、とても明るく陽気で、飼い主さんに忠実。愛情深い犬種なので、飼い主さんや家族に対して攻撃的になることはほとんどありません。一方で、愛情深いが故に、飼い主さん以外の人には攻撃的になってしまう子もいます。

牧場の羊を追いかけて移動させる、羊を外敵から守るという役割を持つ牧羊犬がルーツにある犬種なので、自転車やバイク、車など、走っているものに反応して、追いかけたり飛びかかろうとしたりすることも。飼い主さんが制御できないとお互いに危険性があるので、子犬の頃からのトレーニングは重要です。

知能が高いからこそドッグスポーツで活躍できますし、お利口なイメージも強いと思いますが、頭がいいということは、飼い主さんの行動を見て真似したり、飼い主さんの裏をかいたりすることがあるともいえます。ドアの開け方などは、早い段階で覚えてしまうでしょう。

ボーダーコリーの高い運動欲求に寄り添ってアクティブに遊びながら、根気強くトレーニングできる飼い主さんのもとでは、穏やかで落ち着いた子に育つでしょう。逆に、ワンコに時間をかけられない家庭だと、ストレスを溜めて問題行動を起こしてしまうかもしれません。

02ボーダーコリーの上手な飼い方。
しつけ方で気をつけるべきこと

全犬種の中でもっとも運動欲求が高いといってもいいくらいなので、1日1~2時間の散歩では足りません。運動強度の高い遊びや頭を使う作業を、毎日のようにさせてあげることが重要です。運動欲求を満たしてあげないとストレスが溜まり、吠える、噛む、家具や壁を壊すといった問題行動につながってしまう可能性があります。

また、ボーダーコリーは頭がよく、飼い主さんのことをよく見ています。例えば、ケージに入っている時に、吠えたことで飼い主さんがカギを外してくれたとします。そうすると、「吠えたら開けてくれる」と覚え、吠えるようになるのです。「吠えてダメなら噛みつく」「それでもダメならイタズラする」と、エスカレートすることもあります。

ボーダーコリーを家族に迎えるうえでは、生活にメリハリをつけて、根気強く「これはしちゃダメだよ」とトレーニングしていくしかありません。頭がいいからこそ、トレーニングが難しい部分もあるのです。

社会化に関しては、基本的に人にもワンコにもフレンドリーなので、心配ないことが多いのですが、繊細なところもある犬種です。人やワンコに過剰に反応して、落ち着かなくなる子もいるので、社会化トレーニングも子犬のうちからできると安心でしょう。

03ボーダーコリーが好きな遊び方・おすすめのコミュニケーション

もともと牧羊犬なので、コンクリートの上を散歩させるだけでは足りません。広い原っぱを思いっきり走らせたり、ほかのワンコとじゃれ合って遊んだりする機会を設けてあげたいところです。飼い主さんも一緒に走ったりすると、喜ぶでしょう。

家の中で遊ぶ時は、トレーニングも兼ねた頭を使う遊びを心がけましょう。お座りをした状態でボールを投げて取ってこさせたり、走る飼い主さんを追いかけさせたり。知育玩具もおすすめです。ただ、同じ遊びやおもちゃだと飽きてしまうので、バリエーションを増やし、毎日違う刺激を与えてあげられるとベストです。

ワンコが満足するくらい運動や遊びの時間を設けてあげられると、本来の明るく陽気な気質が前面に出て、頼もしいパートナーになってくれるでしょう。

Advisor

DOG WORKS ZERO代表
西岡 裕記さん

ドッグトレーナー。高校卒業後、地元の三重県から上京し、青山ケンネルカレッジで動物について学ぶ。警察犬訓練所やトリマー、ショップの店舗管理などを経験し、フリーのドッグトレーナーとして独立。“ゆる~く楽しくHAPPYに!”をモットーに、ワンコのトレーニング法を伝えている。

DOG GUIDES犬と家族になる前に読む
犬種別ガイド

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンココミュニケーション
  4. ボーダーコリーはどんな犬種?上手な飼い方・遊び方・しつけ方について学ぼう