ミニチュアシュナウザーはどんな犬種?飼い方・遊び方・しつけ方について

ミニチュアシュナウザーはどんな犬種?飼い方・遊び方・しつけ方について

ワンココミュニケーション

眉毛や口ひげのように生えている豊かな毛がかわいらしく、人気も高いミニチュアシュナウザー。老人のような落ち着いた見た目ですが、実際は活発で遊び好きなようです。外見とのギャップがあるミニチュアシュナウザーの性格や好みを教えてもらいましょう。

01ミニチュアシュナウザーの性格と相性の良い家族

ミニチュアシュナウザーは、小動物を追いかける猟犬というルーツを持つテリア犬の一種なので、運動欲求が強く、アグレッシブな子が多い傾向があります。猟犬としての特性か、飼い主さん以外の人やワンコに吠えやすいところがあります。声が大きいので、吠えグセがついてしまうと苦労するかもしれません。

基本的には甘えん坊でやさしく、飼い主さんを慕う愛情深い犬種でもあります。家に来た宅配便の人や街ですれ違った人に対しては警戒心が強く、吠えてしまうことがありますが、気性は荒くないので、噛みつくようなことはほとんどないと思っていいでしょう。

運動はしっかりさせてあげたい犬種なので、ワンコと一緒に遊んだり、走り回ったりすることが好きな人だとマッチしやすいといえます。ドッグランやドッグカフェに連れていきたい場合は、社会化トレーニングを忘れずに。

02ミニチュアシュナウザーの上手な飼い方。
しつけ方で気をつけるべきこと

知らない人やワンコに対して吠えやすいので、子犬のうちから社会化トレーニングを行いましょう。いろいろな場所に連れていき、いろいろな人と触れ合う機会をつくって、警戒心を解いていく必要があります。

また、運動欲求も強い犬種なので、できれば毎日1時間以上の散歩に連れていってあげたいところです。どうしても仕事などで時間が取れなければ、休日に広い公園やドッグランに連れていき、思いっきり走らせてあげましょう。運動欲求が満たされないと、ストレスを溜めて、吠えやすくなってしまいます。

毛が長く伸びるミニチュアシュナウザーは、日頃のブラッシングや定期的なトリミングが欠かせません。口周りについたごはんを拭き取るなどのケアも大切なので、体のどこを触っても嫌がらず、誰に触られても落ち着いていられるようにトレーニングする必要もあります。触れられることを嫌がる子だと、ケアやトリミングが行えず、病気のリスクが高まってしまうのです。

社会化トレーニングに散歩や運動、日々のケアと、家族に迎えるにあたって考えるべきことの多い犬種といえます。特性を把握し、きちんと向き合うことができれば、とても愛情深いパートナーになるでしょう。

03ミニチュアシュナウザーが好きな遊び方・おすすめのコミュニケーション

落ち着いた見た目とは裏腹に、外で思いっきり走ったり、飼い主さんが投げたおもちゃを取ってきたりすることが大好きです。ワンコ同士でじゃれあうのが好きな子も多いので、定期的に広い公園やドッグランに行き、自由に遊べる時間をつくってあげると、運動欲求が満たされるでしょう。

ミニチュアシュナウザーはあごの力が強く、何かを噛みたいという欲求もあるので、ヒマラヤチーズや鹿の角、木の枝などの硬いものを噛ませてあげることも、ストレス発散につながります。

室内で遊ぶ時も、体を使うことを意識できるといいでしょう。おもちゃを投げて追いかけさせたり、低めの障害物をつくってジャンプさせたり、可能な範囲で工夫できると、ワンコもきっと喜びますよ。

Advisor

DOG WORKS ZERO代表
西岡 裕記さん

ドッグトレーナー。高校卒業後、地元の三重県から上京し、青山ケンネルカレッジで動物について学ぶ。警察犬訓練所やトリマー、ショップの店舗管理などを経験し、フリーのドッグトレーナーとして独立。“ゆる~く楽しくHAPPYに!”をモットーに、ワンコのトレーニング法を伝えている。

DOG GUIDES犬と家族になる前に読む
犬種別ガイド

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンココミュニケーション
  4. ミニチュアシュナウザーはどんな犬種?飼い方・遊び方・しつけ方について