ラブラドールレトリーバーはどんな犬種? 飼い方・遊び方・しつけ方について

ワンココミュニケーション

盲導犬をはじめとした補助犬や麻薬捜査犬として活躍しているラブラドールレトリーバー。がっしりした体格とキリッとした顔立ちが頼もしい印象で、学習能力が高いといわれています。家庭に迎えるにあたっては、どのような注意点があるのでしょうか。

01ラブラドールレトリーバーの性格と相性の良い家族

ラブラドールレトリーバーのルーツが猟師が撃った獲物を回収する猟犬ということもあり、飼い主さんから指示を出されることに喜びを覚える犬種です。基本的に人やワンコが好きで、穏やかな気質を持っています。環境への適応能力も高いので、とても飼いやすいでしょう。

そのうえで、カラーによって多少性格が変化します。ベージュ系のイエローは穏やかで、人の役に立ちたいという思いが強いため、補助犬として活躍する子も多いです。ブラックは、アグレッシブで活動的な子が多い印象。チョコレートは別の犬種と言ってもいいくらい、やんちゃな一面があります。

また、血統によっても性質が異なるところが、ラブラドールレトリーバーの特徴です。体格が大きくがっしりしているショータイプは穏やかな子が多く、小柄でしゅっとしているフィールドトライアルタイプは運動欲求が強い傾向があります。盲導犬タイプは、サイズも性質もショータイプとフィールドトライアルタイプの中間。ワンコを迎える際には、ブリーダーさんにどのようなタイプを目指して育てているか、聞いてみましょう。

基本的に運動量は多い犬種なので散歩や運動は必要ですが、ワンコと一緒に適度に楽しみたい人はショータイプや盲導犬タイプ、アジリティなどの競技に取り組みたい人はフィールドトライアルタイプを迎えると、理想の生活とマッチしやすいでしょう。

02ラブラドールレトリーバーの上手な飼い方。
しつけ方で気をつけるべきこと

訓練性能が高い犬種なので、しつけで苦労することはほとんどないでしょう。もともと人が好きな子が多いので、社会化トレーニングは問題なく行えるはずです。子犬のうちからいろんなところに連れていき、いろんな人と触れ合う機会をつくってあげましょう。

ただし、人を見るとうれしくなって飛びついてしまうことがあるので、興奮を制御するトレーニングは欠かせません。大型犬のラブラドールレトリーバーが高齢者や子どもに勢いよく飛びついてしまうと、ケガをさせてしまう危険性があるからです。

また、食べ物に強い執着心を見せる犬種でもあるので、興奮を制御できないと、ごはんの袋を破いて食べてしまったり、カフェでテーブルの上のものを食べてしまったりする子もいます。そうならないためにも、子犬のうちからのトレーニングが重要です。

食べ物への執着心が強いということは、ごはんを得るためならトレーニングも楽しめるワンコともいえます。性質をプラスに捉えて、トレーニングに取り入れてみましょう。

03ラブラドールレトリーバーが好きな遊び方・おすすめのコミュニケーション

「レトリーブ=獲物を拾って飼い主に届ける」ことを喜びとする犬種なので、遠くに投げられたボールなどを取ってくる遊びが大好きです。木の枝や松ぼっくりなどの自然のものでも楽しめますが、誤って食べてしまうことがあるので、目を離さないようにしましょう。

猟犬の性質からか、水遊びが大好きな子も多いです。海や川に連れていくと、勢いよく飛び込んでいくでしょう。遠出できない場合は、ビニールプールなどに水を張ってあげるだけでも喜ぶはずです。

フィールドトライアルタイプの子は、よりスポーティーな遊びを好む傾向があります。フリスビーやアジリティなど、競技にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

どのタイプであっても運動量は多いので、散歩も運動もしっかりさせてあげましょう。運動欲求を満たしてあげることで、ストレスが軽減し、穏やかで友好的な性質が色濃く出てくるでしょう。

Advisor

DOG WORKS ZERO代表
西岡 裕記さん

ドッグトレーナー。高校卒業後、地元の三重県から上京し、青山ケンネルカレッジで動物について学ぶ。警察犬訓練所やトリマー、ショップの店舗管理などを経験し、フリーのドッグトレーナーとして独立。“ゆる~く楽しくHAPPYに!”をモットーに、ワンコのトレーニング法を伝えている。

DOG GUIDES犬と家族になる前に読む
犬種別ガイド

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンココミュニケーション
  4. ラブラドールレトリーバーはどんな犬種? 飼い方・遊び方・しつけ方について