チワワはどんな犬種?上手な飼い方・遊び方・しつけ方について

チワワはどんな犬種?上手な飼い方・遊び方・しつけ方について

ワンココミュニケーション

“世界でもっとも小さい犬種”といわれるチワワ。黒く大きな瞳に三角形の耳、アップルヘッドと呼ばれる丸い頭が特徴的で、短毛のスムースコートと長毛のロングコートの2種類がいます。人気の犬種ですが、どのような特性を持ったワンコなのでしょうか。

01チワワの性格と相性の良い家族

基本的には、マイペースで頑固。飼い主さんに対して愛情深くなりやすい犬種といえるでしょう。「ライオンハート」と表現されることもあるくらい勇敢で、知らない人やワンコに立ち向かってしまうこともあります。

毛質によって性格が異なり、原種に近いスムースコートはおおらかで穏やか。改良されて生まれたロングコートは、多少吠えやすい子が多い傾向があります。

散歩や運動は必要ですが、ほかの犬種と比べると運動欲求は高くなく、家の中で飼い主さんと遊ぶだけで満足する子もいます。1人暮らしの方や年配のご夫婦でも、飼いやすい犬種です。環境に慣れさせれば留守番もできますが、帰ってきたら必ず遊ぶ時間を設けてあげましょう。

チワワは寒さに弱いので、アウトドア系のアクティビティはあまり得意ではありません。山登りなどでの高い段差の上り下りはケガにつながりやすいので、アクティブに出かけたい人は、無理をさせないようにしましょう。

02チワワの上手な飼い方。
しつけ方で気をつけるべきこと

マイペースかつ頑固で、「イヤなものはイヤ」とはっきりしているので、トレーニングしにくい犬種といえます。散歩をしていても、気分が乗らないと歩かなくなってしまうことがあるでしょう。

そのため、トレーニングは子犬のうちから始め、根気よく時間をかける必要があります。ワンコの気分が乗らない時は、「そういう日もあるよね」と受け入れてあげましょう。トレーニングに苦戦するようであれば、ドッグトレーナーを頼るのも1つの方法です。

小さくてケガをしやすく、臆病な子が多いので、人や大型犬が出入りするような公園、ドッグカフェなどでは、抱っこして安心させてあげましょう。チワワが恐がっている時に放置するのは、あまりおすすめできません。

ただし、散歩などでほかのワンコに会った際に吠えてしまう時は、抱っこすると強気になり、さらに吠えてしまうことがあります。あえて抱っこしない方がいい状況もあるので、そのタイミングを知ることも飼い主さんの大切な役割です。

03チワワが好きな遊び方・おすすめのコミュニケーション

ほとんどのチワワは飼い主さんに対して愛情深く、抱っこされることも喜びます。抱っこがその子の安心感につながり、信頼関係を築く手段にもなるので、日々のコミュニケーションとして抱っこしてあげることは問題ありません。

チワワは気まぐれなところがあるので、好きだったはずのおもちゃを与えたのに、急に見向きもしなくなることがあります。お気に入りのおもちゃや遊びを1つ決めるのではなく、さまざまな遊び方を提案することが大切です。

おもちゃを投げて取ってこさせたり、障害物の下をくぐらせたり、飼い主さんの足を飛び越えさせたり、一緒にコミュニケーションを取りながら、その日の気分に合った方法で遊んであげましょう。

おもちゃも木製の硬いものや布製のやわらかいもの、ビニール製のものなど、いくつか用意して選べるようにしておくと、ワンコも飽きずに遊べます。同じおもちゃでも、投げたり振ったり隠したり、遊び方を変えると興味を引くことができます。いろいろな方法を試しながら、一緒に遊んであげてください。

Advisor

DOG WORKS ZERO代表
西岡 裕記さん

ドッグトレーナー。高校卒業後、地元の三重県から上京し、青山ケンネルカレッジで動物について学ぶ。警察犬訓練所やトリマー、ショップの店舗管理などを経験し、フリーのドッグトレーナーとして独立。“ゆる~く楽しくHAPPYに!”をモットーに、ワンコのトレーニング法を伝えている。

DOG GUIDES犬と家族になる前に読む
犬種別ガイド

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンココミュニケーション
  4. チワワはどんな犬種?上手な飼い方・遊び方・しつけ方について