【大型犬の暑さ対策 屋外編&お留守番編】エアコン以外の暑さ対策も!

【大型犬の暑さ対策 屋外編&お留守番編】エアコン以外の暑さ対策も!

ワンコの健康

暑い季節の過ごし方は、暑さが何より苦手な大型犬にとって、毎年の大きな課題です。特にお散歩やお出掛け、お留守番と毎日の暮らしで避けては通れない場面では、本当に悩ましい問題です。
今回は、大型犬が少しでも暑い季節を快適で、安全に過ごせるように家族に知っておいて欲しいポイントをご紹介させていただきます。

犬の暑さ対策:屋外編犬の体感温度は人間以上!アスファルトの表面温度は50度越えの事実。お散歩にも配慮を!

暑い季節、毎日記録更新される気温に愛犬への心配が募ります。大型犬だからこそ、毎日の運動は欠かせない、かといって屋外は朝から暑さを感じるほどの異常気象です。
犬は平常時には口を開けて呼吸をしません。散歩中に愛犬が口を開け呼吸をしたり、舌を出しながら歩く場合は、愛犬から暑すぎるというSOSのサインが送られていると察知してあげてください。
人間でさえ暑いと感じる気温は、太陽で熱せられたアスファルトの至近距離を歩く犬にとっては、その数倍も暑く感じられるほどです。
暑い季節のアスファルトは、太陽の光で熱せられ、表面温度は気温より20〜30度も高くなることもあります。
つまり、愛犬は裸足のままで50度近い焼けた鉄板の上を歩いているような状態です。その上、アスファルトの反射熱は、愛犬の首、脇、お腹、内股と太い血管が走る、被毛で覆われていない場所を急激に温めます。これでは、たとえ短い間の散歩であっても、愛犬がぐったりと体調を崩すのも当然です。

実は多くの飼い主さんが油断しがちなポイントに夕方の散歩時間があります。日没後なら大丈夫と勘違いしている方も多いでしょう、暑い季節に、太陽の熱で熱くなったアスファルトは、日没後すぐには表面温度が低下しません。犬が安全に歩けるほどに表面温度が下がるまでには、日没後数時間かかるといわれています。
安全と思い出かけている時間帯は、実はまだ足元は暑く、昼間にアスファルト内部に貯めこまれた熱が愛犬の体に伝わり続けています。
暑い季節のお散歩は出かける時間やコースを工夫し、できる限り愛犬への負担を軽減しましょう。

犬の暑さ対策:屋外編おすすめアイテムクーリングネック

出典:ichirin 素敵な暮らしの雑貨店

首に巻くだけで、マイナス5度の清涼感を感じられる夏の必須アイテムです。ループで長さ調整ができ、着脱も簡単です。中身の冷却ジェルは特許を取得し、厳しい検査もクリアした安全品質です。

犬の暑さ対策:屋外編サマーカットで暑さ倍増する危険が

少しでも暑さをしのげるならと、暑い季節に全身を短く切りそろえサマーカットにする方も多いでしょう、サマーカットは一見すると涼しそうにも見えますが、実は犬の体感気温は1度程度しか変化がないと言われています。
僅かな体感気温の変化よりも、実は太陽の直射日光を地肌に浴びることの方が過度な日焼けやダメージ、体温の上昇を招く危険があります。
暑さが苦手な大型犬だからこそ、サマーカットはしっかりと考えてから実践してください。ただサマーカットをすることで、シャンプーや水遊び後のドライヤー時間は大幅に減らすことはできます。
暑さ対策に海やプール遊びを予定している場合は、事前にサマーカットを済ませ、水遊び後のドライヤー時間短縮というプランもオススメです。そのような場合は、お散歩やお出かけの時はTシャツやメッシュ素材の薄手の通気性の良い洋服を羽織らせておくと、直射日光から体を守る効果も期待できます。

犬の暑さ対策:屋外編おすすめアイテムサマークーリングタンクトップ

出典:shop-alphaicon.com

吸水速乾・UVカット・遮熱・接触冷感・リフレクターロゴと暑い季節のお出掛けに嬉しい性能を完備したタンクトップです。スプレーで水を吹き掛ければ、気化熱でひんやりする効果もある優れものです。脇部分のメッシュ素材は、暑い・寒いを「ちょうどいい」にする、NASA(アメリカ航空宇宙局)の為に開発された特殊素材です。

犬の暑さ対策:車でのおでかけ編車内のエアコンの過信は禁物。窓を開けて社内に空気の流れを作ろう!

大型犬とのお出かけに車は欠かせません。車に乗るときは自分から勢いよくクレートに乗り込むという大型犬も多いでしょう。
ただ暑い季節は、車内の空調にも十分注意が必要です。どんなにエアコンの設定を強くしても、閉め切った車内では空気の流れが起こらず、ただ室温が下がるだけです。その上、多くのクレートには十分な通気口が無く、クレート内部に十分な冷気が行き届きません。クレート内は大型犬自身の体温と湿気で想像以上の暑さになって、まるでサウナ状態です。車に乗せる時は、走行中の安全を確認の上、窓を少し開け、車内に空気の流れを作り、クレート内にも十分冷気が流れ込むよう工夫をしておきましょう。

犬の暑さ対策:車でのお留守番編おすすめアイテムケージ / クレート クーリング ファン

出典:Amazon.co.jp

クレートやケージに引っ掛けるだけで使用できるワンタッチのペット用扇風機です。風量は2段階に調節でき、愛犬の様子や暑さに合わせて強弱を設定できます。クレートやケージの外側に設置するので、愛犬の怪我やいたずらの心配もありません。

犬の暑さ対策:お留守番編閉め切った部屋の中は意外に涼しくありません。
エアコンを上手に使って空気を動かすのがポイント!

大型犬との暮らしにエアコンは欠かせません。4月の下旬を過ぎると、室内でも暑そうな様子を見せ、真夏には暑さでダランと横たわっている時間が一日の大半を占めるほどです。ただエアコンは設定を間違えてしまうと、家族の期待するほどの効果を発揮してはくれないので、今年の夏はいつものエアコンの使い方にも一工夫加えてみてください。

エアコンの風向きの固定はNG!

エアコンの風向きは、固定せず、風が多方向に流れる設定にしましょう!

扇風機との組み合わせで気流を作ろう!

室内の壁に向けて扇風機を稼働させ、閉め切った部屋の中に気流を作りだしましょう。

扇風機で風が外に流れるようにしてみよう!

換気扇を稼働させ、風が外にも流れるように工夫をしましょう。
閉め切った部屋の中は、空気の温度が下がりはするものの、風の流れは停留しています。これでは犬は涼しいとは感じることができません。

わずかであっても、風の動きがあると、より一層快適さが増すので、ぜひ一工夫を。
またシニア犬には、涼しさと適度な保温も必要です。エアコンで室温を下げつつ、ボア付きのベッドや毛布、ラグなど寒さをしのげる場所も作っておくと安心です。愛犬が日中の日当たりや当日の気温、体調に合わせて寝場所を自由に選ぶこと出来るよう一工夫を。

犬の暑さ対策:お留守番編冷たい風が心地いい!冷風扇も上手に活用を

留守番中の暑さ対策といえばエアコンと扇風機ですが、暑さが苦手な大型犬にとってこれだけではまだまだ足りない、暑すぎると感じているご家族も多いでしょう。閉め切った部屋の中で、扇風機を稼働させておくと気流ができ、若干ですが体感温度は下がりますが、さらに冷たさを持続させるには、冷風扇も上手に活用してみてください。
冷風扇とは、タンクに氷水や保冷剤を入れ、気化熱を利用して涼しい風を生み出す家電製品です。エアコンほど室内を冷やしきる威力はありませんが、愛犬のケージやベッドの傍に置いてあげると、涼しい風が流れ、暑さ対策に効果的です。音が静かで、優しい風が流れるので愛犬の寝場所の傍におけることも魅力です。
シニア犬や体調の優れない犬など、部屋を冷やしすぎてしまうことに不安がある場合にも冷風扇はオススメです。

犬の暑さ対策:お留守番編おすすめアイテム【2022新版 羽根なし】冷風扇(音も静か!)

出典:Amazon.co.jp

最後に

暑い季節は愛犬はもちろん家族も体調を崩しがちです。朝夕の散歩の時間を調整する、エアコンの設定を工夫するなど、すぐにでも出来る簡単な方法で、暑い季節を快適に安全に乗り切りましょう。

nowa writer

大谷 幸代

大谷 幸代

大学在学中にイギリスへドッグトレーニングの勉強のため、短期留学。生体販売・ペットショップ店長・トリマー・トレーナー・新規事業開発・成田空港内ペットホテル開業に伴うプロジェクトリーダー・ペット関連用品の開発など、国内最大手のペット関連企業において経験。独立開業後は、WEBサイト、雑誌などへコラム執筆や企業顧問、商品開発、各種マーケティング業、専門学校講師を勤めています。

ゴールデンレトリバー(サーフ&海)、チワワ、猫と全員元保護犬、猫達とペットライフがもっと楽しく、もっと快適になるよう目指しています。

保有資格

愛玩動物飼養管理士、トリマー、トレーナー、アロマセラピスト、ホリスティックケアカウンセラー、ペット食育士、ペット災害危機管理士、マウスケアメンター、一般社団法人日本ペット用品工業会認定、ペット用品販売士、ペットロスケアアドバイザー

この記事に関連するタグ

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコの健康
  4. 【大型犬の暑さ対策 屋外編&お留守番編】エアコン以外の暑さ対策も!