【DOG CREATIVE CAMP】
vol.03 お家時間に愛犬の似顔絵を描いてみよう!編集部がオンライン似顔絵教室を体験してみました。

Vol.03 愛犬の似顔絵を描いてみよう!

DCC(DOG CREATIVE CAMP)は、
ワンコライフをよりいろどり豊かにしてくれるクリエイティブな
モノコトをご紹介していくシリーズです。
新しいワンコライフをクリエイティブする情報をお届けしています。

Vol. 03 愛犬の似顔絵を描いてみよう!

おうち時間が増える中、ワンコと一緒に過ごす時間が増えた方も多いのではないでしょうか?
写真や動画など、様々な形でワンコの可愛い表情を残すことが出来る一方、
手描きの似顔絵にチャレンジする方も増えているそうです。
今回はテレビや絵画教室で多くの皆さんにワンコの似顔絵レッスンを行っている画家の
長友心平さんのオンラインレッスンを、実際にワンコnowa編集部スタッフが体験してみました。

長友心平 先生

1977年 鹿児島生まれ。東京在住の画家。
関東を中心に、似顔絵イベントや絵画教室を開催。水彩画・アクリル画を使い分けながら色とりどりに表現します。 また2011年よりアートによる東北復興支援活動中。
著書に「身近な動物の似顔絵レッスン」誠文堂新光社「NHKテキスト趣味どきっ!」NHK出版(3/25発売!)など。

STAFF PROFILE

ワンコnowaスタッフの3人が、下記の3匹の
ワンコをモデルに似顔絵体験をしました!

Designer : 丑澤

子どもの頃から絵を描くのは好きでした。でも本格的に勉強したことはないので、今回色々と教わりたいと思います!

Designer : 熱田

普段絵を描くことはほとんどありませんが、虹の橋を渡った愛犬の絵を上手に描けたら両親にプレゼントしたいと思っています!

Director : 浅利

絵を描くのは苦手なので参加しない予定だったのですが、二人が楽しそうなので、飛び入り参加することにしました!

LET'S START!

早速、似顔絵教室スタート!まずは自由に書いてみよう

長友先生(以下、先生) こんにちは!関東を中心に絵画教室を開催している長友心平と申します。通常は会場に集まっていただく絵画教室を行っていますが、昨年4月以降はオンラインレッスンも開催しています。カメラに描いた絵を見せて貰って、画面共有で都度ポイントをお伝えしますね!

それでは早速、色鉛筆でモデル犬の下書きを描いてみましょう!先入観なく自由に描いていいですよ。今回はそれぞれビーグル、ボーダーコリー、ポメラニアンですね。画用紙と同じ大きさのカラーコピーを用意して貰っていると思いますので、横に並べると同じサイズで描き易いと思います!タヌキにならないように気をつけてくださいね(笑)

Point

実は、描き易い構図と
描きにくい構図があります。

描きやすい構図

  • 斜め横から写されている
  • 光がちゃんと当たっている

描きづらい構図

  • 真正面から写された(凹凸を表現するのが難しい)
  • 上から見下ろした(顔から足が生えているように見えてしまう)
  • 鼻デカ(異様に鼻が大きく感じられてしまう)
  • 毛や影など黒い部分が多い(黒目など細部が見え難く表現しづらい)

実は今回選ばれた3枚は、描くのが難しい構図の写真でした。
初めてワンコの絵を描くという方や、絵は苦手という方は、是非参考になさってくださいね!

5 minutes later
Border Collie

丑澤 鼻や顔と胴体の描き分け方が上手くできなかったです。

先生 では写真を良くみてみましょう。まず顔の形をわかりやすく赤でイラストっぽく描きますね。こちらの絵だと、かなり細長い顔の犬になっていますが、実際は顔の骨は丸っこくて、しっかりしているんですよね。

先生 白い背景に描いてみると、こんな感じ。ポイントはマズルにしっかりボリューム感を持たせるということですね。あと目の大きさも手前と奥で距離が違う分だけ違うはずなんです。人間の目は正面に向けて認識しようとする癖があるんですけど、実際に見えている写真だと奥の目の方が小さくなっているはずです。そこを意識してみましょう。

Pomeranian

熱田 この子は1年前に亡くなった愛犬のモコです。ポメラニアンなのですが、タヌキみたいになってしまいました。

先生 亡くなった愛犬の似顔絵を描くことは、その子を思い出す時間にもなるし、絵を描くために細かい部分をじっくり見直すことになって、改めてワンコのことを知る事にもなりますから、絵は苦手という方も、ぜひチャレンジしてもらえると良いなと思います。この絵からもモコちゃんへの愛が伝わってきますね。
タヌキになった理由は何だと思いますか?

熱田 立体感が無くて平べったくなってしまったからでしょうか。

先生 そうですね、タヌキって平べったい顔だもんね。マズルを尖らせるポイントは、しっかりと線を描く事です。

先生 また、目と鼻と口はそれぞれしっかり描けていますが、顔とのバランスも重要になります。シャンプーをすると顔は小さくなってしまいますが、毛のボリューム含め目に見えている大きさだと目鼻口を結んだ円の2倍くらいの大きさになっていますよね。
顔が小さくて人間っぽいバランスになのも、タヌキになってしまった原因かなと思いますので、ちょっと修正してみましょう。

先生 最後に顔の傾きについてです。目と目、口と鼻を結んだ線、正中線と言いますが、こんな風に描いてみるとよく分かります。
描いて貰った絵と比べてみると、写真の方が「ねぇ〜」と語りかけてくるような感じで傾いてますよね。これも先ほどの目の大きさと同じで、人間は正面を向けてしまいがちなんです。この傾きを意識すると、もっと写真のモコちゃんに近づけることができますよ。

Beagle

浅利 私は写し描きで描いてみました。

先生 笑顔がしっかり描けてますね。カーボン紙という転写するための紙や領収書などで使われている黒い紙を、犬のカラーコピーの下に敷いてなぞり描きすれば、輪郭などの形をより簡単に描けますから、初めて絵を描くという方に写し描きはおすすめです。マズルのおにぎりみたいなむっちりとした感じがだせると、ビーグルをしっかり表現できるようになりますよ。

先生 この子は口が開いて、舌がべろ〜んと出ているので口角をしっかり上げてあげると、より可愛さが出てくると思います。

浅利 学校の授業だと、こんな風に描き方を教えてもらえなくて描いて終わりだったので、自分は絵が苦手だと思い込んでいましたが、先生すごいです!

先生 学校の授業だと生徒の数も多くて個別に指導することが難しいから、なかなか細かいテクニックまでは伝えられないのかもしれません。
どうして写真の通りに描けないのかを知ってもらうことが出来たと思います。各自、どんどん描き足していきましょう!

LET'S TRY AGAIN!

先生からのフィードバックをもとに描き直していきます!

Point

1本の鉛筆で
毛のふわふわ感を表現する方法

01鉛筆の芯を長く削っておこう

絵を描く時は、鉛筆の芯を長く削っておくのがポイントです!

02芯の平たい部分を寝かせましょう

力を入れれば濃く、弱めれば薄くなります。10段階くらい描き分けられるうようになると、1本で様々な表現ができるようになります。この練習でスケッチブック1枚塗りつぶしてみると感覚が身に付くでしょう!

03毛並みの細部や輪郭は力を入れて書く

毛並みの細部や輪郭は、力を入れてしっかりと書き込むと、ワンコの毛のふわふわ感やもこもこ感を鉛筆で表現することが出来ますよ。

Border Collie

丑澤 先程のアドバイスを受けて、新しく描き直してみました。

先生 顔の角度がしっかり表現できているので、ボーダーコリーらしさが出てきましたね。目の形も良いです。どんどん色を塗っていきましょう!

先生 書き込んで行く際に気をつけて欲しいのは、光が当たっている部分の黒と、影になっている部分の黒は違うので、その辺りも意識して色付けを進めてみてください。線で描くというよりも色を使って明るいか、暗いかを分けていくようなイメージですね。徐々に黒とかグレーを使って立体的にしていきましょう。

Pomeranian

熱田 正中線を下書きし、バランスを意識して新たに描き直しました。1回目より犬っぽく描けた気がします!

先生 いいですね。雰囲気が出てきました。柔らかくふんわりとした感じが描けていると思います。

先生 ただ同じ毛でも部分によって長いところと、短いところがありますよね。写真と比べると、ちょっと頭の上が長いかなと思います。もっと短い毛並みで、全体的に丸っこいおにぎりみたいな形ですよね。消しゴムを使って上を少し削ってみましょう。

先生 あと、目と鼻を線で結ぶと写真では二等辺三角形なのに、絵は正三角形に近くなっていますね。

先生 鼻を少し上の位置に移動させてあげると、より可愛くなりますよ。

BRUSH UP!

目や鼻などの細かいところを書き込み、ブラッシュアップ!

Point

犬の目と鼻の描き方のコツとは?

犬の目の描き方

目の塗り方についてですが、ただ真っ黒く塗るだけだと闇堕ちしているように見えてしまいます。目を描くときのテクニックとしては、犬が向いている方向の少し斜め上に光を入れてあげると目の球体を表現出来ます。右上を向いているならここに。黒く塗った目を消しゴムで消すと良いでしょう。

光(1)の他にも、黒目の中には真っ黒な瞳孔(2)と茶色い部分(3)があります。自分の目を鏡で見ても同じ様になっていますよ。ここは濃い茶色かグレーを塗ってみると良いですね。
そして、見えているなら白目(4)を描いてあげると、表情がイキイキします。最後に、茶色かグレーの下半分に、三日月型の反射光(5)があります。下から光に照らされているような感じですね。これを描いてあげると、ビー玉のような透明感のある目が描けますよ。

犬の鼻の描き方

鼻を描くテクニックとしては、光が当たっている上の面と下の面を描き分けることです。上の面はマズルから繋がっていて、赤く塗ったの部分は側面なんです。黒く塗るとしても、上の面(1)は明るくしましょう。ツヤがあるならより分かりやすいかと思います。

側面(2)はそれよりも暗く、鼻の穴(3)は一番暗く真っ黒に塗り分けましょう。
そして鼻の穴はよくみるとまん丸ではなく、鍵穴の様になっていますよね。これをきちんと描いてあげると犬がより犬らしく仕上がります。

Border Collie

丑澤 目を細かく書き込んでみましたが、どうでしょうか?

先生 キラキラしていて透明感のある目になってきたと思います。95点くらいの仕上がりですね!

丑澤 茶色の部分と反射光の描き分けが難しいです。

先生 同じ茶色で塗った後に、消しゴムを使って反射光の部分の色を少し薄くすることが出来ますよ。消しゴムは消すだけの道具じゃなくて、描く道具としても使えるんです。
あとは目の印象を写真と比べてみると、アイラインの部分でしょうか。もっとしっかり濃くアイラインを描くことで目の奥行きが出てきます。人間のメイクでも同じですよね。黒い犬のアイラインは難しいですが、よく見ると目の周りの毛は少し明るい色ですよね。濃淡を付けると目がより印象的になります。

Pomeranian

熱田 頭を削り、目と鼻も修正してみましたが、どうでしょうか?

先生 ずいぶん写真に近付きましたね!目もキラキラしてきました。

先生 あとは色塗りですね。グラデーションを付けていきますが、写真の見え方ほど暗くすると汚れて見えてしまう危険性があるので、全体的に少し明るめに塗っていきましょう。明るいところは画用紙の白さも残すと良いですよ。
毛の方向を意識してふわっと塗って、毛が硬そうなパサパサとした部分だけ線で毛を描き足しましょう。

Beagle

浅利 鼻を修正してみました!

先生 いい立体感ですね!
目の反射光の部分を消しゴムで消してグラデーションにできると、より透明感が出せると思います。ちゃんと描き方を自分のものにしていますね!

先生 ここまで目と鼻が描けたら、口も頑張りたいですね!同じく強い線でしっかり輪郭を引いた方が良くて、口の中も暗いはずです。

先生 それでは皆さん、最後に色付けを頑張りましょう!
背景に色をつける場合、写真通りの色でなくても大丈夫ですよ。自分の好きな色や、ワンちゃんのイメージカラー、プレゼントにするなら、その方の好きな色でも良いですね。仕上げにワンコの名前を入れてあげると、ギフトにする場合は良いですよ!

FINISHED!

ついに完成!
先生のコメントもいただきました!

気品のある一枚です。
優しく丁寧で知的な佇まいを感じます。

まるで絵本に出てくる主人公のような物語を感じますね。 毛並みが難しかったかと思います。ボリュームを出すには、あえて書かないことも必要です。7割描いて、3割消す(塗りつぶす)という感じを意識してみましょう。

とても愛に溢れる、じんわりとした雰囲気に包まれた絵です。

表情や仕草もよく表現できて、毛並みのふんわりかんも描けました。
次は全身を描いてみてください。そして使う色を増やしてカラフルにしてみると愛らしさもよりアップするかもしれませんね。

とてもダイナミックでインパクトのある絵に仕上がりました!

ワンコの元気さと、今を生きるポジティブな姿勢が、描き手の気持ちを表しているようです。こちらまで満遍の笑みになりますね。 ビーグルの毛並みのベースの色であるおうど色をしっかりと塗って、明るい暗いを書き分けてみると立体感が出せます。

MESSAGE

オンライン絵画教室の一部をご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか?
「絵心に自信がない」と言う方ほど、愛する我が子を描くことは、新鮮な発見があり感動も大きいものです。まるでハグするように絵を描いてみてくださいね。
オンラインでもリアル教室でも絵画教室を開いておりますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

コロナ禍にあり心配事は尽きませんが、無心になってワンコの写真に向き合い、絵を描く時間は貴重な一時でした。リンゴや花瓶を描く絵画教室だと敷居が高く感じますが、大好きなワンコの絵なら描いてみようと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。是非とも今回の体験を活かしてトライしてみてください!

私たちも改めて長友先生のお教室に参加してみたいと思います!!
最後に長友先生が今回参加した3名とライター(左下)の似顔絵を短時間で描いてくださいました!どうもありがとうございました!

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコのモノ・コト
  4. 【DOG CREATIVE CAMP】vol.04 お家時間に愛犬を羊毛フェルトで作ってみよう!