子犬を迎える前に読んで欲しい 犬の十戒

ワンコと暮らしている方であれば、知っている人も多いかもしれませんが、「犬の十戒」は、作者不詳のまま世界に広まった短編詩です。原文は英語で、日本語訳は翻訳のニュアンスで少しずつ異なるものもありますが、ワンコ視点で、飼い主さんに向けた『10のお願い』は、多くの共感を生み、愛犬家の間に広く浸透しています。

もしワンコを迎え、真摯な愛情を向けてあげれば、悲しいときはそばに寄り添い、嬉しいときは一緒に喜び、どんな時もあなたのそばで、良いパートナーとなってくれるでしょう。
けれども、ワンコと一緒に暮らすということは、楽しいだけでなく、これまでにない手間や、時間的な制約、経済的な負担も増えます。

ですから、ワンコを家族に迎えようと思う方には、この「犬の十戒」を読んで欲しいのです。あなたはこの約束を守り、最後まで「うちの子を幸せにする覚悟」はできていますか?
新しく家族になるその子のために、今一度、読んで確かめてみてください。

私の生涯は10年から15年です。だから、あなたと離れる時間がなによりつらいのです。私を飼う前に、どうかそのことを覚えていて欲しいのです。
私は、あなたが何を求めているのか理解するまでに時間がかかります。だから理解するまで少し待って欲しいのです。
お願いです、私を信頼してください。それが私にとって、あなたと一緒に生きる幸せなのですから。
長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私には、あなたしかいないのです。
時々、私にはなしかけてください。たとえ、あなたの言葉はわからなくても、私はあなたの声を聞けば、あなたが何を言ってくれているかわかるのです。
あなたがいつも私にどんな風に接しているか、考えてみてください。あなたがしてくれたことを、私は決して忘れません。
私を叩いたり、いじめたりする前に覚えていて欲しいのです。私は、鋭い歯であなたを傷つけることができるけれど、決してあなたを噛まないようにしているということを。
私が言うことを聞かないと言って叱る前に、何か理由があるのではないかと考えてみてください。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それとも、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれません。
私が年老いても、どうか世話をして下さい。あなたもまた、同じように年を取るのですから。
最後のお別れのその時まで一緒に側にいて下さい。「つらくて見ていられない」「立ち会いたくない」などと、そんなことを言わないでほしい。あなたがそばにいてくれるなら、私は安らかに逝けるのですから。そして、どうぞ忘れないで。私がいつまでもあなたを愛していることを。

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコと暮らす前に
  4. 子犬を迎える前に読んでほしい「犬の十戒」