セツサ チアキのワンコが読む絵本 One Story 第6話 虹の橋組からの伝言

「はぁ〜」
「ため息ついてどうしました?」「マスター実は…」
「私が虹の橋組になってからママがずっと悲しそうな顔をしているの」「それだけ愛されていたのでしょう」
「本当はまたワンコと暮らしたいと思っているママ…でも…」「きっとコロちゃんが悲しむわ」
「ママが寂しそうにしている方が私はずっと悲しいのに…見たいな〜ママの笑顔」
それから数日後「ママ、ママ」
「ママの好きなお花が咲いているよ」「ママ、顔をあげて」
ワンワン!
「そうだ!」ワンワン
ぐいぐい「え!」
「何かがひっぱっている」「こんにちは」
「どうぞご覧ください」「いえ、わたしは」「く〜ん」
「ママ、こっちこっち」
「かわいい」「く〜ん」
「だめだめコロちゃんが悲しむわ」
ペロッ
「優しいのね、ありがとう」「やった〜ママが笑った!」
「ママはとても優しいから、絶対幸せになるよ」「ワン!」
「マスター!マスター!ママが笑ったよ」「ホントに!」
「新しい家族に私との思い出を楽しそうに話しているの!」「ここはコロちゃんが大好きな散歩コースよ」「ワン!」
「虹の橋にいても私の想いはママに伝わったのよ」「あらら、嬉しくてずっと浮いたままだよ」パチパチ
「よっぽど嬉しいんですよ」「わ〜いわ〜い」「浮いてもいいけどうれションはやめてね」おわり

One Storyについて

One storyは、「カフェ わんこのわ」を舞台に
ゴールデンレトリバーのマスターの元に集う
個性豊かなワンコたちが繰り広げるストーリーです。

どのおうちにもワンコと家族のストーリーがあると思いますが、
きっと共感できるストーリーが見つかるはず。

そして、明日「カフェ わんこのわ」に訪れるのは、
あなたのおうちのワンコかもしれません。

いらっしゃいませ。
心がホッとするコーヒーと物語をどうぞ。

Profile

セツサ チアキさん

犬と暮らすイラストレーター、デザイナー。盲導犬チャリティーグッズ全般のデザイン、イラストをはじめ、キャラクターデザインなども手がける。亡くなったペットの思い出をオリジナル絵本にする「お守り絵本」の絵本コラボレーターとしても高い評価を得ている。

セツサ チアキさん 公式HP https://www.setsusachiaki.com

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. One Story
  4. セツサ チアキのワンコが読む絵本 第6話 虹の橋組からの伝言