セツサ チアキのワンコが読む絵本 One Story 第3話 温かい手

世界はしましま模様だとずっと思っていた。
するとある日…
しましま模様が消えた。大丈夫、もう自由だよ。
それからしばらくして私を家族にしたいというおうちで暮らすことになった。「今日からあなたの名前はハルちゃん。よろしくね。」
「こわい!」
「緊張させてごめんね。ゆっくりいこうね、ハルちゃん。」
新しい家族はとても優しかったけど人間の手は怖い。突然、大きな音をたてるから。
そして新しいおうちに少しづつなれかけたある日。「ハルちゃん、ごはんの時間よ。」
「あっ!」つるっ
ガシャーン!
「あらら、もう私ったら」
「ハルちゃん?」ガタガタ、じょ〜
「たたかれる!」ビクッ!
「ごめんね、怖いこと思い出させて」
「ハルちゃん、ごめんね」「ママ…」
「その時初めて人間の手がとても温かいことを知ったんです」「うん、うん」「ぐすん」
「私たちは一緒に暮らす人間を選べないからこそ…」
「ハルさんのママのような温かい手をもつ人のほうが多いことを」
「信じましょう」「そうですね、マスター」

One Storyについて

One storyは、「カフェ わんこのわ」を舞台に
ゴールデンレトリバーのマスターの元に集う
個性豊かなワンコたちが繰り広げるストーリーです。

どのおうちにもワンコと家族のストーリーがあると思いますが、
きっと共感できるストーリーが見つかるはず。

そして、明日「カフェ わんこのわ」に訪れるのは、
あなたのおうちのワンコかもしれません。

いらっしゃいませ。
心がホッとするコーヒーと物語をどうぞ。

Profile

セツサ チアキさん

犬と暮らすイラストレーター、デザイナー。盲導犬チャリティーグッズ全般のデザイン、イラストをはじめ、キャラクターデザインなども手がける。亡くなったペットの思い出をオリジナル絵本にする「お守り絵本」の絵本コラボレーターとしても高い評価を得ている。

セツサ チアキさん 公式HP https://www.setsusachiaki.com

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. One Story
  4. セツサ チアキのワンコが読む絵本 第3話 温かい手