セツサ チアキのワンコが読む絵本 One Story 第1話 写真の中の君へ

坂を登りきるとふと現れるカフェ。目印は、優しい涙色のドア。
ドアを開けるとゴールデン・レトリバーのマスターが出迎えてくれます。
そう、ここはワンコ達が集うカフェ。その名も「ワンコのわ」。「お正月はゆっくりできましたか?」「それがさあ、聞いてよ、マスター。」
「トラの被り物で写真撮られまくったよ。」「うちなんか節分の日には鬼の被り物だよ。」「あ、ホントだ。SNSにあがっているよ。」
「うわ!恥ず!」「飼い主あるあるですね。」「マスター、なんで人間は写真が好きなの?」
「残したいのよ。」
「あ、虹の橋組さん。」「一緒にいた時間をずっと残しておきたいのよ。」
「そして何年経っても写真を眺めながら、涙したり笑ったりするの。」
「楽しかった思い出は次へ進むお守りになりますからね。」「そっか。」
「今年は鬼の被り物、シッポふってがんばろっかな。」「コーギーさんシッポふれる?」「え!わかんない!?ほら、ほら、見て見て!」おわり

One Storyについて

はじまり

One Storyは、ワンコnowa THE STOREでセツサ チアキさんと一緒に作った
「わんコーヒー」から着想を経て、生まれた物語です。

「ワンコと飼い主さんのための絵本」をチアキさんと一緒に作りたいと思い、
企画をスタートさせたものの、物語の設定やストーリーに頭を悩ませていた編集部。
そんな時に、チアキさんが描いてくれた「わんコーヒー」のイラストを見て、
カフェの空気感や、そこに集うワンコたちのイメージがどんどん湧いてきたのです!

One storyは、「カフェ わんこのわ」を舞台に
ゴールデンレトリバーのマスターの元に集う
個性豊かなワンコたちが繰り広げるストーリーです。

どのおうちにもワンコと家族のストーリーがあると思いますが、
きっと共感できるストーリーが見つかるはず。

そして、明日「カフェ わんこのわ」に訪れるのは、
あなたのおうちのワンコかもしれません。

いらっしゃいませ。
心がホッとするコーヒーと物語をどうぞ。

Profile

セツサ チアキさん

犬と暮らすイラストレーター、デザイナー。盲導犬チャリティーグッズ全般のデザイン、イラストをはじめ、キャラクターデザインなども手がける。亡くなったペットの思い出をオリジナル絵本にする「お守り絵本」の絵本コラボレーターとしても高い評価を得ている。

セツサ チアキさん 公式HP https://www.setsusachiaki.com

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. One Story
  4. セツサ チアキのワンコが読む絵本 第1話 写真の中の君へ