nowa-team

ワンコも含めた「家族写真」の魅力を伝えたい
今という瞬間が生活の一部になるから

フォトグラファー 三山エリ さん

三山さんとnowa

「ワンコ好きなカメラマンさんがいるよ」と、紹介していただいたフォトグラファーが三山エリさん。三山さんが営む三山写真館のホームページを覗くと、カラフルでモダンな写真が並んでいます。 その中には、ワンコと人物が一緒に写っている写真もチラホラ。その写真には一つ一つにコンセプトがあり、家族の関係性や温度感が感じられました。
「ワンコnowaの写真は、この人に撮ってもらいたい!」と、ビビッときたワンコnowaスタッフは、すぐにコンタクトを取りました。ワンコnowaサイトに掲載されている写真は、そのほとんどが三山さんによるもの。自身もワンコと生活しているからこそ、撮れる写真があるのです。

Interview

#01ワンコとの出会い

三山さんはボストンテリアのタケシくんと暮らしていますが、その出会いは?

私はもともとペットが怖かったんですよ。幼稚園くらいの頃に、家でチワワを飼っていたんですが、噛まれたことがあって、「もういらない!」って泣き叫んだくらい(苦笑)。それ以来、動物に触れることはありませんでした。
大人になってから、夫の実家で、シュナウザーのはなちゃんと出会ったんです。すっごく可愛くて、一気にワンコ好きになって、自分も飼いたいと思ったんですよね。その話をしたら、『ジョジョの奇妙な冒険』が好きな夫は「絶対にボストンテリアが飼いたい。名前も決めてる」ってノリノリで(笑)。
ただ、当時は東京のマンションに住んでいたので、すぐには飼えなかったんです。まずはペットを飼える環境に整えようと思って、同時に私も「写真館を開きたい」という夢があったので、どちらも叶えられる金沢に引っ越しました。
それから、毎日のようにインターネットとかでボストンテリアを探していて、ある日、信じられないくらい可愛い子を見つけたんですよ。その子が、タケシなんです。

直感で「この子だ!」って感じだったんですね。

本当に抜群に可愛くて、実際に会っても可愛かったです。

#02ワンコを撮るということ

写真館では、ワンちゃんの撮影も多いんですか?

うちの写真館は、ワンコでもニャンコでも、依頼があれば撮影します。ただ、お子さんの誕生日や七五三の写真を撮りに来られる方に、事前に「ワンちゃんもどうぞ」って話すと、「いいんですか?」ってリアクションされることがほとんどですね。ワンコの写真も撮れることを知って、2回目以降に「ワンちゃんだけの写真を撮りたい」と言ってくれる方が増えてきています。
ワンコだけの写真もいいんですが、写真館でワンコも含めた家族写真を撮るって、すごくいいことだなと思います。ちゃんとめかしこんで、写真に残す。そういう文化が、もっと広がればいいですね。

かけがいのない瞬間を、切り取れるものですもんね。

撮った家族写真は、ぜひ飾ってほしいです。うちの写真館には、A2サイズのでっかいタケシの写真を飾っています。ペットを飼っているお客さんがそれを見て、「すごくいい」って言ってくださるんです。可愛い写真を保管しているだけではもったいないので、飾って生活の一部にしてほしいですね。
個人的な夢として、タケシの誕生日とか七五三とか、節目できちんと写真を撮ってあげたいなと思ってます。タケシも家族だから、人間と同じように祝ってあげたいですね。

#03これからのこと

三山さんが広げていきたい「wa」は?

金沢だと、まだまだ犬と一緒に行ける場所が少ないんですね。犬と入っちゃダメな公園もあります。旅行に行こうにも、ワンコと泊まれるホテルは少ないし、泊まれても部屋は人とワンコで別々だったり。だから、もっと一緒に行ける場所が増えるといいなと思います。
そのためには、飼い主側もマナーを守る必要があると思うんです。ワンコをしっかりトレーニングしたり、病気の検査を受けさせたりしないと、生活の場は広げていけないですよね。
ワンコと人はもちろん、人と人のつながりも大事だと思います。トレーナーさんと飼い主とか、サービスを提供する側と利用する側とか、お互いに意識を高めて、ワンコと一緒に過ごしやすい環境を整えていくことが大事なんじゃないかな。

Profile

三山エリさん

フォトグラファー。専門学校東京ビジュアルアーツ写真学科卒業。アシスタントを経て、出版社にフォトグラファーとして勤務後、独立。雑誌、Web、広告など幅広く活動。2017年、金沢市に三山写真館をオープン。ゆかいで楽しい記念写真を届けられるよう、看板犬タケシと日々奮闘中。

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. nowaチーム
  4. nowaチーム フォトグラファー 三山さん