シーズーはどんな犬種?上手な飼い方・遊び方・しつけ方について学ぼう

ワンココミュニケーション

中国の宮廷で大切にされてきたというルーツを持つ犬種だからか、どこか高貴な雰囲気を漂わせているシーズー。つるんとした長い毛が特徴的で、おっとりとした表情もかわいらしいワンコですが、性格的にはどんな子たちなのでしょうか。

01シーズーの性格と相性の良い家族

中国生まれの愛玩犬に共通する特徴ですが、おっとりしていておとなしく、ネコに近い個性を持った犬種です。基本的にマイペースなので、おでかけしていた飼い主さんが帰宅しても、お出迎えはせずに顔を向けるくらいの子が多い印象です。ベタベタしたい飼い主さんには、ちょっと物足りないかもしれません。

ほかの犬種と比べると運動欲求は高くないので、適度に散歩さえしていれば満足してくれるでしょう。散歩のペースもゆっくりな子が多いので、運動が苦手な方や年配の方でも飼いやすいワンコだといえます。

ただ、宮廷で育った犬種らしく気位が高くて頑固なところがあり、イヤだと感じたことに対して、その気持ちをしっかり示す子も少なくありません。特に注意なのが、日々のブラッシングなどのお手入れ。毛量が多いのでお手入れは必須ですが、ブラッシングやトリミングに苦手意識を持つと、飼い主さんでも噛みついてくることがあります。

散歩が苦手な子だと、歩いている途中でいきなり止まったり、飼い主さんの意向とは違う方向に歩いてしまったりすることもあるでしょう。

02シーズーの上手な飼い方。
しつけ方で気をつけるべきこと

基本的にはおとなしく大らかで、知らない人やワンコが近寄ってきても、興奮したり怯えたりすることは少ないので、社会化トレーニングは最低限していれば問題ないでしょう。キレイ好きなので、トイレのしつけもしやすいです。中には、トレーニングしなくても、トイレを覚える子もいます。

重要なのは、イヤなことや苦手なことの克服。例えば、ブラッシングやトリミングをイヤがってしまうと、お手入れができず、健康面でのリスクが上がってしまうからです。そうはいっても、頑固なシーズーは簡単には克服してくれないので、プロのトレーナーの手を借りながら、子犬のうちから取り組むことが大切です。

皮膚のトラブルが多い犬種でもあるので、お手入れやトレーニングを通じて人に触られることに慣れさせておくことで、病院での診察時の負担も軽減できるでしょう。

長い毛が特徴のワンコですが、毛の長さは飼い主さんの好みや考え方によって調整しましょう。ショードッグのような長く艶やかな毛を維持するには、毎日のブラッシングが欠かせません。短くカットすれば、お手入れの頻度は少なくなります。

03シーズーが好きな遊び方・おすすめのコミュニケーション

運動欲求は高くない犬種なので、「毎日散歩や運動が必要」というわけではありません。1~2日ごとに散歩をしてあげれば、満足する子が多いでしょう。おもちゃで遊ぶのが好きな子もいますが、頻繁に求めてくることは少ない印象です。

知らない人やワンコに対して怯えることは少ないので、ドッグカフェなどへのおでかけは問題なく行けるでしょう。運動はあまり好まないので、海や山でのレジャーとなると、少し難しいかもしれません。

寂しがり屋な部分もあるので、家の中で飼い主さんに抱っこされたら喜びますし、名前を呼んだら寄ってきれくれるでしょう。ただ、基本的にはマイペースなので、ワンコ自身が満足したら飼い主さんのもとから離れていくことが多いです。その適度な距離感が、シーズーの魅力ともいえます。

Advisor

DOG WORKS ZERO代表
西岡 裕記さん

ドッグトレーナー。高校卒業後、地元の三重県から上京し、青山ケンネルカレッジで動物について学ぶ。警察犬訓練所やトリマー、ショップの店舗管理などを経験し、フリーのドッグトレーナーとして独立。“ゆる~く楽しくHAPPYに!”をモットーに、ワンコのトレーニング法を伝えている。

DOG GUIDES犬と家族になる前に読む
犬種別ガイド

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンココミュニケーション
  4. シーズーはどんな犬種?上手な飼い方・遊び方・しつけ方について学ぼう