愛犬の病気と向き合う|愛犬が病気になった時、不安とどう向き合ったら良いの?

愛犬の病気と向き合う|愛犬が病気になった時、不安とどう向き合ったら良いの?

ワンココミュニケーション

東京農業大学教授の増田先生と一緒にお届けする、ワンコともっと良い関係を築くためのヒント。ワンコから見えるモノゴト、ワンコの考え方、感じ方など、ワンコたちに見えている世界を私たちにも見せてくれる増田先生シリーズ「ワンコno世界」。
今回は、愛犬ロスと同様、常にリクエストの多い「ワンコが病気になった時」のこと。ワンコが一番辛い時に、私たちはどう向き合ったら良いのでしょうか?増田先生に伺いました。これまでたくさんのワンコと過ごしてきた先生にお話をお伺いしました。

Advisor

増田 宏司教授

東京農業大学 農学部 動物科学科 教授。東京大学大学院を修了後、同大学院で学術研究支援員を務め、2006年から東京農業大学で研究と学生への指導を行う。研究だけでなく、飼い主向けのカウンセリングやワンコのしつけに使えるグッズの開発など、ワンコと飼い主が幸せに暮らせる社会を築くため、幅広く取り組んでいる。

うちの子は難病で闘病中です。日々日々弱っていき、できることも減りました。いつも何かできることはないかと悩みます。先生なら何をしてあげますか?

病気をきっかけにできなくなったことがあっても、形を変えながら、今までと変わらず愛犬と行ってきたことは、たくさんあるはずです。元気なころは、一目散に駆け寄ってきた「おいで」も、今は「おいで」と声をかけながら、愛犬を抱き寄せていらっしゃるかもしれません。誰が何と言おうと、それも間違いなく、「おいで」です。いつもの笑顔、いつもの「いってくるよ」と「ただいま」、いつもなでる場所、いつもの「いい子だね」、そして、、いつも一緒にいてくれるあなた。どれも、あなたの愛犬にとって、あなたという相手があってこその行いです。あなたとあなたの愛犬には、こんなにもたくさんの、病気なんかに邪魔されない、大切な大切な「いつもの生活」があるじゃないですか。愛犬に対して最も効果的な「飼い主さんが、してあげられること」はやはり、最期まで、「一緒」を貫くことだと、私は思います。

老犬で、複数の持病を抱えていますが、いつも治療方針の選択を迫られた時に迷います。ワンコが治療をやめて欲しかったらと、いつも不安が湧いてきます。

あなたの飼い主としての方針を、具体的な接し方や治療法などのカタチにしてくれるのが獣医さんです。あなたにできることの一つは、獣医さんのご指示を、いかに忠実に守れるか、でもあります。例えばお薬を5日分処方されたら、途中で症状の改善が見られたとしても、自己判断で中断せず、獣医さんの指示通りにお薬を飲み切ることが重要です。獣医さんを信じましょう。その獣医さんは、絶対の自信をもって、あなたに治療の選択肢を提供しているわけではないかもしれません。でも、長年あなたの愛犬との付き合いかたを見てきた経験と、獣医師としての豊富な実績の中で、あなたに対してどんな言葉で、タイミングで、どんな選択肢を示すべきなのか、忙しい中それでも一生懸命に考えて、あなたと愛犬のことを思って接してくれているはずです。そうやって、あなたが愛犬の最期までとことん付き合っていけるように、全力で手伝ってくれているはずなのです。

病気のワンコの前で落ち込んではいけないと思って明るくしてみますが、ふとした瞬間に別れのことを思って耐えられなくなります。この気持ちとどう向き合えば良いでしょうか?

大丈夫。ご相談いただいた時点で、もう、向き合っていらっしゃいますよ。一生懸命だから、時に逃げ出したくなる。逃げ出したくなるから、そんな自分に悩む。大切な大切なあなたの相棒への気持ちが大きければ大きいほど、悩むのは当然のことです。向き合えているから、悩むのです。あなたは、ちゃんと向き合えていますよ。

この貴重な瞬間を愛犬と共に過ごせることは、のちに必ず、あなたの人生の誇らしい1ページになるはずです。今あなたの愛犬は、命をかけて、大好きなあなたに「生きること」の意味を教えてくれているのです。そしてあなたの愛犬は、辛くても苦しくても、決して慌ててなど、いないはずです。今まさに、あなたと一緒に病気に立ち向かえているのですから。できる限りで構いません。愛犬のそばに、いてあげてください。あなたの愛犬にとって、それだけで、十分なはずです。

Message for dog owners

今みたいに元気な姿を見れない日々が、いつか来てしまうかもしれない。

愛犬が元気なころから、飼い主であれば何度も想像する機会があったことと思います。愛犬が病気にかかって悩んでいらっしゃる飼い主さん、まさにそれが今です。あなたの愛犬は今、あなたに飾らない全てを見せてくれているはず。調子が悪くても、その子はあなたの愛犬。あなたを唯一無二の存在として、あなただけを見て、あなたと共に喜んで生涯を歩んでくれている、最高の相棒です。この子に何をしてあげられるか、最高の答えを出せるのは、あなただけです。そして、あなたが導き出した答えなら、その答えはその子にとって無条件に最高の答えになることを、どうか忘れないで下さい。

そして、この記事を読んでいらっしゃる方の中には、愛犬をお見送りされた直後の方がいらっしゃるかもしれません。大変だった日々の記憶と寂しさ、そして気の抜けたような、何とも表現しにくい気持ちが入り混じったような状況で、なんとなくふわふわした毎日をお過ごしなのではないでしょうか。あなたに私から言える言葉は、ただ一言です。

よく、がんばりましたね。その子はきっと(絶対に)、幸せでしたよ。

この記事に関連するタグ

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンココミュニケーション
  4. 愛犬の病気と向き合う|愛犬が病気になった時、不安とどう向き合ったら良いの?