間違った夏バテ対策してませんか?
してはいけない犬の夏バテ対策NG集。

愛犬を暑さから守ろう!

前回は夏バテ対策についてご紹介しましたが、今回は間違った夏バテ対策についてご紹介します。
愛犬を心配するがあまり、良かれと思ってしている行動が、実は間違った対策の場合も。
愛犬にしてしまっていないか、この機会に是非ご確認ください。

クーラーの温度を下げ過ぎている

犬は人間より暑がりなので、夏の室温は25〜26度、湿度は60%以下にしてあげた方が良いですが、設定温度を下げすぎるのは犬にとってよくありません。
設定温度を下げすぎると、冷たい空気は下に溜まりやすく、犬は冷えきっていることがあります。この冷えが原因で体調を崩してしまう場合もありますので、設定温度は下げすぎず、ゲージの中には寒い時に移動できるベットや毛布エリアを準備してあげましょう。

エアコンや扇風機の風を直接あてている

エアコンの設定に関連しますが、犬が暑がっているからとエアコンや扇風機の風が直接あたる場所にゲージなどを置いていないでしょうか?
こちらも体が冷えすぎてしまいます。また、直接風に当たり続けることが犬にとってはストレスになってしまうこともあるので、直接風があたらない場所にゲージなどを置いてあげましょう。

冷水や氷を与える

舌を出してハアハアしているからと、お水を取り替える際に冷えたお水を与えたり、時には氷をそのまま与えたりしていないでしょうか?犬の暑さ対策になりそうに思えますが、実はこれは犬にとってNGの対策です。
夏は普段より暑いため水分補給をいつもより多くしますが、そのお水が冷えていると、犬の体全体が冷え切ってしまい、体調を壊す原因になってしまいます。

時間帯によって日光浴できる位置にゲージを置く

お日様に当てて日光浴させてあげたいと、日中に直射日光が当たる位置にゲージを置いていないでしょうか?犬にとって素敵な環境に思えますが、直射日光が犬に直接当たると、熱中症の原因になる可能性があるので気をつけましょう。ゲージの位置を変えてあげるか、日中はカーテン等を使用して、直射日光が当たるのを防いであげましょう。

過度なサマーカット

ポメラニアンなどの長毛種の犬の場合、「毛が多くて暑そう」と、サマーカット(毛を短く切るカット)をする飼い主さんも少なくありません。
サマーカットは長毛種の犬にとって夏バテ対策の一つですが、過度に短くしすぎるサマーカットは、直接私たちよりも弱い皮膚に日差しや熱が当たってしまい、逆に熱中症のリスクが高くなる場合もあります。
また、犬によっては毛の長さの変化により、体調を崩したり、皮膚に異常が起きる可能性も考えられますので、かかりつけの獣医師さんなどに相談してからにしましょう。

いかがでしたか?
私たち人間と同じ感覚でやってあげてしまいそうな対策がいくつもあります。
人間と犬で夏バテ対策も異なりますので、犬にとって本当に良いかどうかを獣医師さんなどに相談しながら、犬にあった夏バテ対策をしていきましょう!

飼い主さんも、ワンコにも!
お外での水分補給に最適なnowa bottle

KINTOとコラボしたnowa bottle。軽量でコンパクトなウォーターボトルは、携帯や開け閉めに便利なハンドル付き。お散歩やお出かけのお供にどうぞ。

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコの健康
  4. 間違った夏バテ対策してませんか?してはいけない犬の夏バテ対策NG集。