VACCINE GUIDE FOR DOGS. ワクチンの疑問解決Q&A

03

狂犬病ワクチン接種は
どこで受けられるの?

自治体の集団接種、または動物病院で受けられます!

生後90日以上の犬は、年1回の狂犬病ワクチンの接種が義務づけられています。
接種の方法は以下の2つ。

1自治体による集団接種(時期:4〜6月)
畜犬登録を行うことで毎年1回届く「狂犬病予防注射のお知らせ」には、自治体ごとに定められた
ワクチン接種の日程(狂犬病予防週間)と会場が記載されています。
狂犬病予防週間は4月から6月の間の1週間程度で、地元の公園などで実施されることがほとんど。
費用は3000円程度です。
2動物病院での接種
動物病院であれば、年間通じていつでも接種が可能です。
飼い始めたら動物病院で接種してもらいましょう!
費用など動物病院によって異なるので、事前に確認しましょう。

いずれの方法でも、接種後に「注射済票」が交付されます。
ドッグランやペットホテルで必要になる場合があるので、畜犬登録で交付される「鑑札」と一緒に、首輪につけておくようにしましょう。

Summary

生後90日を過ぎたら、狂犬病ワクチンの接種は義務です。

狂犬病ワクチン: 接種が義務付けられているワクチン。混合ワクチン: 飼い主さんが任意で行うワクチン。

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコの健康
  4. 犬のワクチンガイド【ワクチンの疑問解決】狂犬病ワクチンはどこで受けられる?