犬のフィラリア症予防ガイド

犬のフィラリア症予防ガイド

Filariasis prevention guide

Guide 03

フィラリア症予防はどのくらい
続けたらいいの?

東京の場合、投薬の目安は「5月から12月」!

フィラリア症予防のためには、定期的な投薬が大切です。
投薬期間は、蚊の活動時期。東京では4月から11月といわれており、暖かい地域はさらに長く、寒い地域は短くなります。地域の獣医師と相談して、期間を決めましょう。
体内のフィラリアを駆除するためのフィラリア症予防薬は、蚊に刺される前に投薬しても意味がありません。投薬開始の目安は、蚊が出始めた1カ月後。東京であれば5月からスタートし、蚊の活動が終わった後の12月まで、月1回の投薬を続けるというサイクルが理想的です。

Dosing Period

フィラリア予防薬の投与期間

about Dosing Period

フィラリア症予防は、愛犬を守るだけでなく、住んでいるエリアのすべての犬を守ることにもつながります。もし発症してしまった場合、蚊を媒介として、他の犬に移してしまう恐れがあるからです。
フィラリア症を広める存在にならないためにも、しっかり予防しましょう。

フィラリア症予防薬は、獣医師の処方箋があって、初めて購入できます。
必ず動物病院で相談して、フィラリア症予防のための検査をしてもらうことを忘れずに。

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコの健康
  4. 犬のフィラリア症予防ガイド|フィラリア症予防はどのくらい続けたらいいの?