【ワンコの健康な食事】
犬に与えてはいけない、食べたら危険な食べ物

食べちゃダメ!NO EAT!犬に与えてはいけない、危険な食べ物

記事のポイントまとめだワン!

ワンコには食べると危険な食材があります。

NGな食材の一例
チョコレート
ねぎ・玉ねぎ
ぶどう・レーズン
アボカド
マカダミアナッツ・クルミ
キシリトール

ワンコに机に置いてあったお菓子や食材を食べられてしまった経験はないでしょうか?
私たち人間が食べている食品の中には、犬が食べると中毒などを引き起こしてしまう危険な食材があるので、キッチン周りやダイニングのテーブルなど、人間の食べ物を食べられないように気をつける必要があります。
今回は、うちの子の健康のために知っておきたい、犬に食べさせてはいけない危険な食べ物の代表例をご紹介します。

チョコレート

食べてはいけない食品の代表格、チョコレート。
チョコレートの中に含まれる「テオブロミン」という成分が、嘔吐や下痢などの中毒症状を引き起こします。チョコレートの種類や摂取量により重症度は異なります。

ねぎ・玉ねぎ

ねぎや玉ねぎには犬の赤血球を壊してしまう「アリルプロピルジスルフィド」という成分が含まれており、貧血症状や下痢、嘔吐を引き起こすことがあります。

ぶどう・レーズン

ぶどうやレーズンは、私たち人間にとっては健康的な食材ですが、犬にとっては有害です。
吐き気や下痢を引き起こし、悪い場合は腎不全に陥ることもあります。特に小型犬は注意が必要です。

アボガド

アボガドの中に含まれるペルジンという成分が、下痢や嘔吐などの消化器症状を引き起こすことがあり、時には死に至るケースも。また、アボガドの種の誤飲にも注意してあげましょう。

マカダミアナッツ・クルミ

原因物質はまだ特定されていませんが、神経症状などの中毒を引き起こすことがあります。またクルミもカビが生えたものは、神経症状を引き起こすことがあるので、注意が必要です。

キシリトール

犬は人間と糖の分解の仕方が異なるため、犬がキシリトールを食べてしまうと急激に低血糖を引き起こしてしまいます。キシリトール入りのガムや歯磨き粉などを犬が間違って食べないように注意が必要です。

いかがでしたか?身近にある健康的な食品が実はワンコには危険な場合が多々あります。飼い主さんがそれを把握し、食べてしまわないように気をつけてあげましょう。
そして、もし危険なものを食べてしまったときは、すぐに動物病院に連絡をして獣医師さんに相談しましょう!

PAGE TOP

  1. TOP
  2. ワンコ記事nowa
  3. ワンコの健康
  4. 【ワンコの健康な食事】犬に与えてはいけない、食べたら危険な食べ物